2,060万kW/2,306万kW (12/06 09:45)
89%
■バックナンバー
■カテゴリ
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=302110
2019年08月27日(火) 

ヘンだと思いませんか、
亀有駅や金町駅から都心への鉄道料金。

 

50年近く前、1971年(昭和46年)4月20日まで
亀有⇔上野は、直通(乗り換えなし)で18分だった。
JR&地下鉄の相互乗り入れの結果、 亀有駅と金町駅の利用者にだけ不便と差別的高額運賃が生じました。
西日暮里駅で乗り換えるとJRのみに比べ160%以上も高い料金です 。
北千住で乗り換えると約100段の階段の昇降があります。
乳母車・車椅子での乗換は、ほぼ不可能!
高い料金に誘導しておきながら「それは、お客様の選択です」とは!
これはある意味で、「弱い者いじめ」と言えなくもありません。
定期券では一月で5500円も高い料金です。
一生40年通うと264万円の損。
通勤・通学には「3割近くも余計に時間がかかる」ようになった。
解決は簡単です。
北千住⇔西日暮里を、白金高輪 ⇔目黒 のように
共同運行にすればいいだけです。


鉄道会社の多彩な上下分離のバリエーション
http://www.ne.jp/asahi/wc6y-nmk/komatetsu/jigyoho/a3.htm


第1種鉄道会社:電車とレールと両方持っている完全な鉄道会社。(自分の褌で相撲を取っている会社。)
第2種鉄道会社:鉄道施設を借りて、鉄道を運行している鉄道会社(走る線路は、誰かから借りる。他人のフンドシで相撲を取る会社。)
第3種鉄道会社:鉄道施設だけ持っている鉄道会社(電車は持っていない。線路を貸して稼いでいる会社。褌をお相撲さんに貸して儲けている会社。自分では相撲は取らない。)

綾瀬⇔西日暮里間、JRが東京メトロに施設使用料を払って、
東京メトロを第1種鉄道会社、JRを第2種鉄道会社とし共同運行すれば、運賃格差の問題は解決する。
亀有、金町から上野方面に行く場合、JRの運賃だけ払えば済む。
割高な東京メトロの初乗り運賃は払わずに済む。

 

いまこそ声を上げよう!

 

 

 


閲覧数100 カテゴリ常磐線 綾瀬、亀有、金町駅の運賃格差をただす コメント0 投稿日時2019/08/27 13:20
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
Double Eagle @kachinetさん
[一言]
初めまして。かちねっと(葛飾地域づくりネットワーク)から引っ越して…
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み