1,470万kW/1,790万kW (09/21 08:45)
82%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=302436
2019年09月10日(火) 
今日は予定通りゴルナグラートに行って来ました。
宿泊地ブリークは曇りでした。
とにかく電車に乗ってゴルナグラートに向かいます。

時間が経つにつれて(移動するにつれて?)青空が見え始め、登山電車に乗り換えるツェルマットに着いた頃には雲がどんどん少なくなって行きました。

ツェルマットに着く直前、ちらりとマッターホルンが見えました。真っ青な空に雲は全くありません。
ツェルマットには定刻に到着、ここで登山電車に乗り換えます。


登山電車の切符を買ったまでは良いのですが、予定の電車が満員で改札口が閉鎖されてしまいました。


乗れたのは、20分余り後の電車です。

途中で何回もマッターホルンが見えるのですが、雲は全くかかっておらずとにかく頂上駅に着いて撮影するまで何とかこのまま雲がかからないことを祈りながら到着をまちます。

到着です。

青空をバックに、雲がかかっていないマッターホルンをこれでもかと言うくらい何枚も撮影しました。

ゴルナグラートでの撮影を終わり、山を下る電車に乗ります。

電車が下って行くにつれて、待っていましたとばかりにマッターホルンに雲がかかり始めました。それもかなり大きい雲です。

電車がツェルマットに着き、次の撮影場所に移動します。
少し歩いて、地下を走るケーブルカーに5分ほど乗り、スネガというマッターホルン観光ポイントに着き・・・、見ると雲は頂上付近にまるで髪飾りのようにほんの少しだけになっていました。

この場所での撮影を終え、今日の予定は期待以上の成果を上げることが出来ました。

写真は帰国後までお待ちください。


明日は、こちらも日本でも有名な大氷河の撮影です。
アレッチ氷河と言う名前で、普通観光ツアーなどでは一番上流部分にしか行かないのですが、氷河は一番上流で見ても単なる雪原にしか見えず面白くもなんともありません。
明日はその中・下流寄りを撮影に行きます。

明日も良い天気と言う予報です。

当たりますように。。。

閲覧数42 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2019/09/10 02:27
公開範囲外部公開
コメント(4)
時系列表示返信表示日付順
  • 2019/09/10 13:19
    鉛筆zosanさん
    > 本荘ケイさん
    ありがとうございます。
    今の所80%くらいは発揮できていると思っています。
    今日も絶対に晴れてほしい日です。
    次項有
  • 2019/09/10 15:35
    ベッガさん
    そうなんですよね、氷河ってそれ自体の景色は面白くないですよね。

    氷河は英語でglacierですが、昔glaciologyが専門というアメリカ人に会ったことがあります。それ日本語で何というのかしら、と言うと「セッピョウガク(雪氷学)」と教えてくれました。

    寒さが大の苦手な私は、こういう学問をする人に畏敬の念を抱いてしまいます。
    次項有
  • 2019/09/13 02:48
    鉛筆zosanさん
    > ベッガさん
    済みません見落とししていました。
    氷河の上の方は単なる雪原、ある程度下流の方で底の地形の傾斜が変化すると氷河の表面が割れてギザギザが出来るのできれいになりますから、中下流でそれを見たいのです。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
zosanさん
[一言]
84歳になりました。海外の美しい景色の中を走る鉄道写真の撮影が好き…
■この日はどんな日
ほかの[ 09月10日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み