1,601万kW/2,412万kW (12/10 23:25)
66%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=303737
2019年11月12日(火) 

落ちたどんぐりから勝手に芽生えたコナラの木の観察、たまにしかかけないテーマです。

 

と言うのは、ほとんど変化が無いからです。

特に今頃になると、葉っぱが枯れて落ちることぐらいしか期待できません。

 

ところが1か月以上(?)前からほとんど変化が無いのです。

葉っぱのヘリがちょっとだけ枯れて茶色くなっていますが、全体はまだまだ緑です。

 

この木が芽生えた元になったドングリを落とした大きな木の葉っぱも

まだ枯れ落ちそうにないので仕方ないと思います。

 

こんな状態でも光合成して来春新芽を出して新しい枝や葉を作る準備をしているのでしょうか。

 

でも、もうそろそろ葉っぱ全体が枯れてほしい、

その写真をひょこむに載せたいと思っているんですけどねぇ。。。


閲覧数29 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2019/11/12 20:52
公開範囲外部公開
コメント(4)
時系列表示返信表示日付順
  • 2019/11/12 21:55
    うちの万両もあまり変化ありませんが、最近ちょっとだけ実が赤くなりました。(^O^)
    次項有
  • 2019/11/12 22:32
    鉛筆zosanさん
    > 本荘ケイさん
    植物により変化の大きいものからほとんど無いものまでいろいろありますね。
    変化の少ないものを観察日記に選んだのは失敗でした。
    次項有
  • 2019/11/12 22:56
    ちかさん
    新芽は葉っぱの付け根の下に既に出来てます❗
    葉っぱ取ったら…芽が見えます❗
    次項有
  • 2019/11/13 10:20
    鉛筆zosanさん
    > ちかさん
    ありがとうございます。
    こんなに青い葉っぱでも大丈夫ですか、あとで取ってみます。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
zosanさん
[一言]
84歳になりました。海外の美しい景色の中を走る鉄道写真の撮影が好き…
■この日はどんな日
ほかの[ 11月12日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み