1,680万kW/2,412万kW (12/10 22:35)
69%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=303842
2019年11月17日(日) 

9月7日土曜日です。

 

日本では全然有名ではない登山電車に乗ります。

登って行く山も有名な山ではありません。

 

宿泊地ヴヴェからSBB(スイス国鉄)で10分ほどのモントゥルー駅から出ているロシェドネという登山電車です。
お天気は思わしくありません、山の上は雲の中かもしれません。
とにかく行ってみます。


モントルー駅で登山電車の乗車券を購入します、ほとんどの登山電車やロープウエーにはスイスパスではそのまま乗ることはできませんが、半額で乗ることが出来ます(ユンクフラウ鉄道とその手前のヴェンゲルン鉄道は25%引き)。

 

モントルーから山上駅まで50分ほど、下りは55分かかります。
モントルー駅を出たとたんにトンネルに入りラックレールを頼りに急坂を登ります。
平均時速はせいぜい15キロ程度でしょう(推定)。

 

 

運賃は、半額でも往復26.4CHF(およそ3000円ほど)とかなり高価です。

 

 

この鉄道に初めて行ったのは2006年、今から13年前です。
その頃、こんな電車が走っていましたが、今でもこの電車が走っています。

 

今走っているのは、どうもこの電車だけのような気がしますが

以前来た時にはもっと古い電車が走っていました。

 

 

当時見ることが出来たのはこんな電車と、

 

 

赤い電気機関車でした。

この電気機関車は今でも走っているかもしれません。

 

 

 

 

発車してからおよそ10分、車窓から今にも雨が降りそうな薄暗いレマン湖が見えます、まだそれほど高度は上がってはいません。

 

 

まだ雨は降っていないので,近い所は比較的よく見えます。標高はどれくらいでしょうか、ずいぶん高い所まで登ってきましたが、こんな高地に住んでいる人が居ます。

 

 

 

電車はぐんぐん高度を上げていきます。モントゥルー駅から高度はずいぶん上がりましたがそれほど遠くまでは来ていないようです。レマン湖からはまだそんなに離れてはいません。
が、ずいぶん下の方に見えるようになってきました。

 

 

 

Caux と言う駅に到着しました、読み方が分かりません。木製の給水塔が有ります。蒸気機関車時代のものを保存してあるのでしょう、荒れている様子は無くきれいな状態でした。

 

 

 


列車はどんどん高度を上げかなり山奥に入ってきました。
急斜面にへばりつくように1軒の民家が建っています、民家が有ると言うことは、電車からは見えませんがちゃんと道路が有るのでしょう。

 

 

 

レマン湖が見えました。ずいぶん高い所まで登ってきました。

レマン湖の今見えている岸はスイスですが見えていない左の方の岸はフランスです。

 

 

 

あと10分ほどで終点の頂上駅 Rochers-de-Naye(ロシェドネ)駅です。
トンネルを抜け、スノーシェイドを抜けると頂上駅です。

駅が見えてきました。
建物の後ろに見える山がロシェドネ山です。

 

 

 

駅周辺からの眺めもそれなりに値打ちは有りますが山の上まで登ると非常に良い長めのようです。


電車に乗る前から雲行きがおかしかったのですが、時間がたつにつれだんだん悪くなっていきます。
駅舎の裏に回って山の上に向かう道路を見ると、舗装はされていませんがきれいにならされ歩きやすそうです。
少し登り、途中から下を眺めると電車が出ていくのが見えます。

 

 


駅を出た電車はすぐにスノーシェイドに入って行きます。

 

 

 

一方上を見るとかなり濃い雲がすぐそこまで下りてきています。
どうやらお天気の神様のご機嫌が良くないようです。霧と言うか雲がどんどん濃くなってきます。時々霧雨の粒が顔に当たります。


お天気が良ければよい景色が見られるようですが、今日は望めそうにありません。
しばらく待ってみましたが気温が下がってきます。寒いです。あと少しで頂上に着く位置ですが戻ることにしました。

 

モントルーの街はとても良いお天気でした。残念ですが登頂はいずれリベンジと言うことになりました。


閲覧数33 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2019/11/17 16:00
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2019/11/18 17:29
    ベッガさん
    モントルーってジャズフェステイバルで有名なところ、ということしか知りませんでした。それがスイスだということも知らなかったくらい。フランス語圏なので亭主はどうしても行こうとは言いません。

    先日地下鉄で(昨日まで一週間ほど東京とその周辺にいました)、とっても変な言葉が聞こえてきて、これは何だろうと耳をすますと、ベルク(山)とか言ってる。おっそろしいほど癖のあるスイス・ジャーマンでした。

    ところで今朝のスイスの新聞によると、山は雪で真っ白だそうです。スペイン語のニュース(全然わかりません)でもモンテ・ビアンコがどうたらと言っていたので、例年より雪が多いようです。
    次項有
  • 2019/11/18 20:26
    鉛筆zosanさん
    > ベッガさん
    東京に来ていらしたのですか、ご連絡いただければお会いできたのに残念です。

    この後ツェルマットからゴルナグラートや、ブリークの先のベットマーホルン近くに行ったのですが雪が積もっていたり降っていたりしていて寒かったです。

    スイスのドイツ語って訛りが相当すごいのですか、私はドイツ語自体がほとんど分からないのでドイツとスイスの違いなど全く分かりません。どちらも同じドイツ語に聞こえてしまいます。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
zosanさん
[一言]
84歳になりました。海外の美しい景色の中を走る鉄道写真の撮影が好き…
■この日はどんな日
ほかの[ 11月17日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み