は2020/03/31で電力情報の提供を終了しております
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=304688
2019年12月26日(木) 
浮世は回る水車。時代はどんどん変わっていく。

隣のやまむらさんがキャッシュレスを始めた。10月1日から始まった消費税増税に伴って実施されている5%還元を狙ってのものだ。負けてはいられない,とコチトラも先週、とりあえず千円でもチャージしようと、散髪帰りにコンビニへ。確か、LINEにチャージできるはず、と機械の前に立つがワカラナイ。

困った時のグーグル君に教えてもらって、なんとかチャージ。お金が入ると使ってみたくなる。で、先程の散髪屋の前を通って酒屋へ。ビールは高いので三番目のビールを持ってレジへ。キャッシュレスでお願いします、なんて格好つけたが、肝心のiPadがQRコードを読んでくれない。何回やっても反応がない。焦る、慌てる。4~5分は立往生。なんとか支払いを済ませて一安心。でも、回り道して酒屋行くより、散髪帰りに寄って現金で買った方が30分は早かった。それでも5%還元は嬉しかった。「はじめてのおつかい」って、こんな気分かな。

この話を授業で中国人の学生にしたら、何を今さらという顔をされた。「だいたい日本人が未だにコインを持ち歩いているのが理解できない。何枚もコインを財布に入れて重くないんですか!」と言われてしまった。そうだった中国や韓国の方が日本よりキャッシュレスが進んでいるのだった。子供のお年玉なんかもキャッシュレスでするとか聞いたが。でも、その重さがお金の実感なんだが…、ショーワの頭はそう考えるのだが、何も言えなかった。

社会が変われば、当然、言葉も変わる。今年はこんなこともあった。

「わたしの父のオット…」と、ある学生が言ったので、日本語が分からず、言い間違えたのだと思い、「夫じゃなく、妻でしょ」と直した。すると、それが正しいのだと彼は言う。なんでも、彼のご両親が離婚した後、お父さんは男性のパートナーと暮らしているのだそうだ。同性婚が認められている国だとこんなこともあるのだ。「では、何と言えばいいんですか?」と聞かれて、ショーワの頭は答えられなかった。「おとうさんのパートナー???」

浮世は回る水車。時代はどんどん変わっていく。昭和もどんどん遠ざかっていく。

閲覧数77 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2019/12/26 07:07
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2019/12/26 20:02
    zosanさん
    クレジットカード以外のキャッシュレスについては、何も分かりません。
    勉強しなくては・・・。
    次項有
  • 2019/12/27 12:04
    鉛筆互福店さん
    > zosanさん
    キャッシュレスは買い物以外でも、個人間の送金が手数料無料で気軽にできるようになるのが魅力です(これは既に可能なのか、まだこれからの予定なのか、よくわかりませんが)。スマホをお持ちなら、とりあえず少額を入れて、試されてはいかがでしょうか。私は迷惑にならんよう、人の少ない午前中に練習がてら、やってみました。新しいことにチャレンジするのは、心地よかったです(笑)。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
互福店さん
[一言]
さだまさしからさをとったら「だまし」だ。
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み