は2019/03/26で電力情報の提供を終了しております
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=305633
2020年02月12日(水) 
マスコミをはじめ徒に騒ぐ輩も出てくるだろうが、カブキは普通に生活を続けながら静かに成り行きを見つめてゆこうと思う。第一便乗客は新たに感染者が出る一方で本日から順次帰宅する。

”新”が取れて正式にコビッド19(Covid-19)と病名もついた。いつの時代かウィルスと人類が遺伝子レベルで折り合いをつけ通常風邪レベルになるまで待とう。

昨秋見たのだが、キリン草とも言われるセイタカアワダチソウが50センチほどに背をかがめて群生しているさまは美しかった。まるで人の手でその斜面に植えられたようだった

通常の草地でもキリン草は目立たなくなっている。ほんのニ、三十年で周囲と折り合いをつけたキリン草。コビッド19も世代交代を繰り返し人智の下にひそやかに残る道を早晩執ってくれるだろう。

閲覧数43 カテゴリカブキの防災、防犯・断罪 コメント2 投稿日時2020/02/12 07:44
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2020/02/12 18:54
    zosanさん
    台湾のテレビでは、ずばり「武漢肺炎」と表示していました。
    これが分かりやすくて一番いい表現だと思うのですがねぇ。。。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
神戸のガラデブ、探戈傾奇(タンゴカブキ)さん
[一言]
タンゴをブエノスアイレス語で歌いたい方は連絡ください。タンゴの歌サ…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み