1,960万kW/2,186万kW (07/14 11:30)
89%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=306454
2020年03月18日(水) 
【このストーリーはフィクションです。登場人物は実在する人とは関係ありません】
※決して中国当局にはチクらないようにしてください!(笑)

米中貿易戦争が本格化しつつあった2018年秋、習近平国家主席が秘密裏に、中国人民解放軍幹部にある指示を出した。
「呼吸器系の障害を引き起こす」「感染率が高く潜伏期間が長い」「致死率が低い」「治療薬やワクチンが存在しない」というウイルスを作れ!。
アメリカの公衆衛生の最大の権威である「ジョンス・ホプキンス」が、世界中の感染症に関する論文を 1年間かけて調査し、世界中の科学者、社会学者、政府関係者などに聞き取り調査を行い完成したという渾身の報告書で明らかにした「人類を破滅に導く究極のウイルス」そのものだった。

人民解放軍はそれを「武漢国家生物安全実験室」で極秘に開発。ほぼ1年かけて製造に成功する。
完成の報を受けた習近平は、すぐさま「試験的に少量のウイルスを武漢で放て」と命令。11月17日に初めての感染者が武漢で発症した。
武漢市当局はこれを隠蔽するが、ヒトヒト感染の能力を持ったウイルスは、海鮮市場を最初のクラスターとして拡散し、12月8日になって「原因不明のウイルス性肺炎」の発生を公開した。

中国から巨額の資金援助を受けているエチオピア出身のWHOのテドロス事務局長は、この事態に関する声明を出す前に訪中して習近平と会談。今後の対応について詳細な指示を習近平から得た。
それは「当面はウイルスの世界的拡大を放置しろ。中国が制圧に成功したら速やかにパンデミック宣言をしろ!」と。
この時から「新型コロナ肺炎ウイルス」は、世界を震撼させる生物兵器となった。

習近平の忠実な飼い犬・テドロスは今回も、きちんと従順に指示に従った。
3月3日に3711人の乗員・乗客乗せて横浜に接岸した豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス号」で発生した集団感染で、日本のマスコミは大騒ぎになっていたが、欧米を中心とした自由主義社会は平穏そのものの毎日を送っていた。
しかしこの時期にはすでに、春節で全世界に拡散した中国人感染者と濃厚接触した人たちによって、究極のウイルスは持ち込まれていた。

中国が経済封鎖と移動禁止という措置により、ウイルスの制圧に成功しつつある中、韓国や日本を初めとする東南アジアから、少数ながら欧米でも感染者が出現し始めて、いよいよ習近平のシナリオも本番を迎える。
3月に入ると、習近平は武漢視察やさまざまな観光地の封鎖解除などで、「新型コロナウイルス制圧」をアピールし始める。
同時に、「ウイルスは米国から持ち込まれたもの」という情報も流布されるなど、自作自演の制圧劇を演出しはじめた。
これを見たテドロスは、3月11日になって「パンデミック(世界的な大流行)とみなせる」と満を持して表明した。
これが自由主義経済崩壊の悪夢の始まりとなる。

複数国の情報機関から、中国政府に反対するグループから流された「新型コロナ肺炎ウイルスは細菌兵器」という情報に関して、多数の裏付けの存在がG7各国首脳で共有された。
多くの死者と感染者を出し医療崩壊が叫ばれているイタリアを皮切りに、フランス・ドイツなどのEU諸国、そしてアメリカまでが国境封鎖や移動制限、そして経済活動の停止や自粛に追い込まれた。
これに伴い、まず株式市場が大きく反応してブラックマンデー以来の史上最大の大暴落で、なおまだ先行きが見えない。
ニューヨークダウは、1万ドルの資産が消滅して2万ドルを割り込んだ。

トランプ大統領やFRBが、異例の金融政策を打ち出しても、市場の勢いは止められないどころか更に加速をつけて落ち込んでいく。まさに悪夢だ!!
そうこうしている間に、自粛や禁止に伴い国民の経済活動が収縮し実体経済に大きなダメージを与えていく。
解決策としての財政出動は、財務体質を悪化させ信用不安をもたらす。
そして連鎖的に企業や会社の倒産が広がり、自殺者は新型コロナによる死亡を遙かに越えて、社会全体が暗闇に突入し、経済が崩壊していく。

中国は、そうやって弱体化した自由主義経済の国々を飲み込み、巨大な資本で隷属させて結果的に世界を支配する。
この習近平のシナリオ通りに動いている流れを止められるのは、世界の指導者の団結しかない。
トランプらが傷つけた世界の信頼のつながりを今こそ蘇らせて、新型コロナとの闘いに勝利するしかない。

閲覧数113 カテゴリ日記 投稿日時2020/03/18 13:22
公開範囲外部公開
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい♪
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み