1,225万kW/1,918万kW (05/27 04:40)
63%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=308295
2020年05月21日(木) 
観たいと思っていた映画は何だったのか忘れてしまったし、三密に通ずる歌会は自粛継続の心算だし。切らしてしまった尼の生揚げ醤油だけは手に入れたいがそれだけでデパートに行くのも億劫だ。

ふと思い出したのがピアノピアノというイタリア語、”ゆっくり”という意味だと知ったのはある復活祭パーティーでだった。イースターもお花見もなく籠ってゆっくりしたが、今後もピアノピアノ、ぼちぼちと踏み出そう。

コロナウイルスが去った世の中はどう変わっているだろうか、少なくともコロナという言葉の使われ方は大きく変わっているだろう。既にブランド名や商品の愛称には使われなくなった。

ゲームキャラクターなどには悪の権化として登場するだろうし、いつの日かギャグとしてお笑いにも出てくるだろう。改訂版広辞苑にも書き加えが行われるだろう。

スペイン風邪のように中国ウイルスと呼ぶのは習近平さんが猛反発しWHOも早々に正式名を出してきたが呼びにくい。ではと武漢ウイルスと呼べば中国は歴史ある都市名を消してしまうかもしれない。

閲覧数20 カテゴリ新型コロナ コメント0 投稿日時2020/05/21 20:21
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
神戸のガラデブ、探戈傾奇(タンゴカブキ)さん
[一言]
タンゴをブエノスアイレス語で歌いたい方は連絡ください。タンゴの歌サ…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み