1,582万kW/2,215万kW (07/16 21:25)
71%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=309278
2020年06月29日(月) 

小学校の敷地内から歩道に枝を伸ばしている合歓木(ネムノキ)です。

6月15日に最初の花が咲いたのを見てからちょうど2週間、花の数は大分少なくなりましたが、蕾がそこそこ残っているので、まだしばらくは花を楽しむことができます。

 

 

その横で盛んに咲いているのがネズミモチです。小さくて地味な色の花、ちょっと嫌な匂い、黒灰色の実、どこと言って取り得のない木ですが、それは人間の勝手な思いで、たぶん鳥や虫たちにとっては魅力のある木なんでしょう。

 

 

歩道内にある植樹帯の空いたところで3本の捩花(ネジバナ)が咲いていました。

ある人が 《この花が咲き終わると梅雨があける》 と言っていましたが、ほんとかな?


閲覧数28 カテゴリ花と木のブログ コメント4 投稿日時2020/06/29 14:11
公開範囲外部公開
■プロフィール
jamjamさん
[一言]
定年退職して18年、しかし40年やってきた土木屋魂は未だに消えませ…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み