1,479万kW/2,416万kW (08/10 07:25)
61%
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=309638
2020年07月14日(火) 

筑後川の治水-2 私見です。

 

 筑後川は1級河川なので管轄は当然ですが国土交通省直轄です。ここは筑後川水系全体ををみているはずで、ピンポイントの治水(特に内水氾濫)には対応が遅れているようです。

 

 目に見えて分かるのは古い橋の架替えですがこれは橋脚が狭く増水時に倒木が引っかかり橋が壊れるのを防ぐ意味と橋の両端の堤防が低いのでここからの溢水を防ぐ意味があるようですが、筑後川本流ではこの架替え工事は殆ど終わっています。

 

 この古い橋の架替えで堤防は高くなり川幅は広がっています。革の断面積は大きくなるので流せる流量は増えるので筑後川本流の氾濫は少なくなっていますが、川底が低くなるのではないので内水氾濫は常態化しています。

 

 3年連続で同じエリアで同じような内水氾濫が起きているのは事実ですがこのエリアの内水氾濫は今に始まったことでは有りません。

 

元々このエリアは内水氾濫が起きても被害が少ない水田地帯でした。国道210号線の渋滞対策として国道210号線バイパス(現国道210号線)が整備され沿線に県の土木事務所が作られた事も安心感が出来たのか今では久留米市で一番?の商業集積地です。

 

 

 

 


閲覧数24 カテゴリ日記 投稿日時2020/07/14 18:34
公開範囲外部公開
■プロフィール
3988さん
[一言]
前の地域SNSでの家族グループを再現したいと思っています。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み