1,258万kW/1,841万kW (11/27 14:50)
68%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=311175
2020年09月27日(日) 

昨日の晩ごはんは中華の献立で、その一つが「ニラ肉炒め」でした。

ところが、出来上がったものは「ニラ入りの野菜炒め」になっていました。 (笑)

僕がつくるニラ肉炒めは「餃子の王将」風に、他の野菜(もやし、人参、筍)も少し入れることにしていますが、今回はそれらの量が多かったうえに残っていた舞茸も入れたので、主役になるはずのニラが目立たなくなってしまったのです。いつものニラ肉炒め(右の写真)と比べると、緑の割合がかなり違います。

僕の料理は目分量でつくることが多いので、このようになることも珍しくありません。これが商売なら困りますが、家庭料理ですから問題はないし、かえって美味しい料理になることもあります。今回の場合、舞茸が入ったことによって、新しい食感と味のニラ肉炒めが出来上がったわけで、まさに「瓢箪から駒」でした。

 


閲覧数159 カテゴリお父さんの料理 投稿日時2020/09/27 07:43
公開範囲外部公開
■プロフィール
jamjamさん
[一言]
定年退職して20年経ちましたが、40年やってきた土木屋の根性は未だ…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み