1,481万kW/1,866万kW (11/29 10:10)
79%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=311417
2020年10月08日(木) 

現時点では入院初期(9月初め)に見つかった内科関係の問題点の解決に時間がかかり骨折の治療は全く進んでいません。

内科関連の病気は未だはっきりとした状況がつかめないようで、来たる14,15日に入院して検査することになったのでまだまだのようです。

今のところこれが言われていた最後の検査になる予定ですが、実際はどうなる事か。。。

 

肝心の腰椎圧迫骨折の治療が全く進んでいないので、年内に済むかどうかも分からず不安です。


閲覧数110 カテゴリ日記 コメント16 投稿日時2020/10/08 11:12
公開範囲外部公開
コメント(16)
時系列表示返信表示日付順
これより以前のコメントを見る
  • 2020/10/12 11:55
    鉛筆zosanさん
    > ひとみさん
    明後日からの検査の結果がどうなのかによりますが、圧迫骨折の治療(手術)が出来るという判断を頂きたいものです。
    次項有
  • 2020/10/08 16:54
    病院も今用心深くなっていますね、何をやるにも承諾書、念書
    を書かせるでしょう?
    痛い思いが長引くだけにイライラしますね、なるべくなら病院にはお世話になりたくないものです。
    過去の旅行の写真やパンフレットなど整理したり、旅行記を纏めたりの時間が出来たと思うしかないですね。
    次項有
  • 2020/10/12 12:00
    鉛筆zosanさん
    > ろれちゃんさん
    技術が進歩すればするほど不安な点が明らかになって来るのでしょうね。検査検査が大変です。

    過去のいろいろな整理、時間的にはいくらでもできる状態なのですが実際はそんな気が起こらず時間は無為に過ぎ去って行くばかり、過去の資料を見る気も起らないのが現状なのです。
    次項有
  • 2020/10/08 18:36
    なかなか前に進めないのが、じれったいですね。(~_~;)
    次項有
  • 2020/10/12 12:04
    鉛筆zosanさん
    > 本荘ケイさん
    進めませんねえ、明後日からの検査が一応予定されている検査としては最後の物です。
    何か変なことが見つかって検査が長引かないようになってくれれば嬉しいのですが。。。
    次項有
  • 2020/10/08 23:21
    骨が固まってそれ以上骨折がすすまない状態だといいのですが。

    母はよろけてお着物に肋骨のあたりをぶつけました。特に痛そうでなかったのです。数日後歯科へいってあおむけになったらその後痛みが出ました。整形外科に行ったら骨折ではなく、骨と骨の間の膜が傷ついたのかもしれない、といわれました。いろいろなことがあります。

    寒くなりましたので痛みはいかがですか?
    台風のせい?でわたしは足がしびれています。
    来週は足のMRI検査があるのでちょっとどきどき。

    なにごとも前向きに考えましょう。

    秋雨前線、台風とともに去ってくれ!!
    次項有
  • 2020/10/12 12:19
    鉛筆zosanさん
    > くちべにがいさん
    骨折部は、全く固まっていないようです。むしろ初めのうちは割れ目がぴったりとくっついていたのですが先月末のレントゲンではむしろちょっと開いてきたようです。

    今、よろけたり転んだりしたら大変なので慎重に過ごしています。お母上はその後順調にお治りになったのでしょうか。

    毎日飲む薬、骨折部の治療薬はなにも無く何種類かの痛み止めばかりです。
    それらの薬は便秘になりやすい、吐き気がするというような副作用が有るもので、注意書き通り便秘と嘔吐に悩まされています。

    本当ならヨーロッパ一人旅に行けたのでしょうが、それはコロナでダメ。そういう意味では丁度良かったのですが、ヨーロッパ2回分くらいのお金は使い果たしました。
    次項有
  • 2020/10/09 09:11
    日本にいる時で良かったですね‼️
    保険適用ですから‼️
    次項有
  • 2020/10/12 12:23
    鉛筆zosanさん
    > しおりんのパパさん
    はい、全くその通りです。
    もし、外国でこんなことになっていたら、保険もさることながら言葉が通じずとんでもないことになり、もう死んでいたかもしれません。

    そう思うと回復してもうっかり外国に行くことも出きないでしょうね。
    次項有
  • 2020/10/09 10:43
    kazu---さん
    希望的観測ですが、内科的治療の方針が決まるまでに、圧迫骨折が
    自然治癒するのではないかと( ^ω^)・・・。
    腰を冷やさないように血液循環を良くすることは治癒の一つの手になるような気がします。
    次項有
  • 2020/10/12 12:28
    鉛筆zosanさん
    > kazu---さん
    残念ながら骨折部分は自然修復されることは無く、むしろ骨折した割れめ部分が少し開いてきたと言うレントゲン写真も有るのです。

    明後日からの検査の結果早く患部の手術が出来ることを祈っています。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
zosanさん
[一言]
85歳になりました。海外の美しい景色の中を走る鉄道写真の撮影が好き…
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み