1,396万kW/2,042万kW (04/15 04:05)
68%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=312185
2020年11月18日(水) 
 昨日は、学生を姫路城に案内!

城内では、ARやCG(コンピューターグラフィックス)を活用した新たな展示・解説が有るのだが、コロナ追跡のポスターは有っても、ARの告知ポスターが見当たらない。

 当然、専用アプリをダウンロードしないと見れない。

以前は、QRと併用で、ソフトを使い分けないといけなかったが、提案で1つに統一された。

然しスマホに慣れた二名の大学生でさえ、四苦八苦UPしても画面が見れなかった.

 せめて入場口や見たい場所に、ダウンロードのQRコードを用意して欲しいものだ!

 依然、世界遺産に相応しく無い対応です!

 要塞の城で、健常者にこの対応、障がいの有る人のことは押して知るべし!

 ユニバーサルデザインのレベルには、遥かに遠い!


拡散希望!

閲覧数44 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2020/11/18 09:00
公開範囲外部公開
コメント(1)
時系列表示返信表示日付順
  • 2020/11/19 11:09
    市当局からの返答

    AR等を制作してお客様に利用していただく場合、
    専用アプリにすることは必然となります。
    このアプリをダウンロードするための方法等は、
    姫路城では、入り口に置かせていただいているガイドブックに
    記載させていただいております。
    また、姫路城大発見アプリのマーカーが城内各所にありますが、
    これを読み取る際に、なかなか読み込めにくいことは、
    既に私どもも感じているところですが、
    改善がなかなかできずにおります。
    今後とも、より良いものにしていくよう、努力してまいります。


     そもそも、ガイドブックを見ないとARが利用できないのが、おかしいと申し上げております!

     マーカーにアプリのQRコードを張り付ければ、見たい情報がその場で見る事が可能です!
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
お節介焼さん
[一言]
根っからのお節介焼です。 ユニバーサルデザインのまちづくりを「若者…
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み