1,826万kW/2,194万kW (01/23 16:15)
83%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=312471
2020年12月03日(木) 

5時40分ごろ、新聞を取りに外へ出ました。

気温は5.6℃、昨日ほどの冷え込みではありません。

日の出までには1時間以上の間がありますが、空が青く見えます。月明りのせいです。

西の空の高い位置に、丸い月が白く輝いていました。満月(11月30日)から2日後に昇った月ですから明るいはずです。十五夜は11月29日だったので、昔風の雅な呼び方をすれば、この月は「居待(いまち)の月」です。「いざよい」→「たちまち(立待)」→「いまち(居待)」→「ねまち(寝待)」、古人(いにしえびと)は月の出るのを心待ちにしていたんですね。

南東の空を見ると、低い位置に金星が光っていました。非常に明るくて大きく見えます。「明けの明星」とはよく言ったものです。

 

こんな時刻に、意識して空を眺めたことはなかったのですが、今朝はいい経験をしました。「早起きは三文の徳」とはこのことですが、早く起きても外へ出なければこういう経験はできなかったわけで、これからは起きたらすぐに外へ出てみることにします。

 


閲覧数54 カテゴリ日記 投稿日時2020/12/03 07:03
公開範囲外部公開
■プロフィール
jamjamさん
[一言]
定年退職して18年、しかし40年やってきた土木屋魂は未だに消えませ…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み