1,823万kW/2,194万kW (01/23 09:00)
83%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=313226
2021年01月12日(火) 

クチの地下トンネル観光の後、バスで1時間ほどかけてホーチミンに戻ります。

 

YEEBOというレストランで飲茶の昼食を摂ります。

 

 

Googlemap で探してみましたがビルが建て替えになったのか、

レストランが移転したのか分かりませんが
入口はすっかり変わってしまったようです。


でもこのレストランはまだちゃんと営業しているようです。

昼食は飲茶でしたが、写真がうまく撮れていません、ピンボケだったりブレていたり
それだけでなく、超露出不足で非常に暗かったり、
頑張って調整してみましたが、あまりきれいには出来ませんでした。

 

 

それぞれの料理の名前は分かりませんが美味しい昼食でした。

 

 

 

 

 

 

 

 


昼食後一旦ダクストンホテルまで戻り、2時間ほどフリータイム。

ショッピングに行ったりどこかを見に行ったりする人も居ましたが
私たちは、何も買う気はないしどこに行ったらいいのかもわからないので

ホテル前の川岸の公園をぶらぶらして時間を潰しました。

 


自由時間が終わり、バスで空港へ移動。
ホーチミンのバイク軍団ともお別れです。

 

 

 

 

 

一昨日到着したタン・ソン・ニャット空港に到着しました。
今日はここからベトナム航空の国内線でダナンに向け移動します。

 

およそ1時間ほどの飛行でダナン空港に到着、バスで30キロほど南のホイアンまで移動します。
宿泊は ホイアンビーチリゾート と言うホテルです。

 

ホテルに到着したのは午後8時半、ホテルのレストランで夕食です。

 

レストランでは歓迎の飾り付けが有りました。
帆船をかたどった様な(?)感じの照明器具かな・・・?

 

 

 

楽器を演奏している絵が描かれた幕の前で4人の男性が楽器を演奏しています。


昨日一昨日の音楽とは全く違う感じの音楽でした。
ホーチミンからかなり離れているので音楽なども違うようです、

生活風習にも違いが有るのかもしれません。

 

 

 


最初は座っていた人が立ち上がって太鼓の演奏を始めました。

 

 

 


食事が始まるころには演奏は終わり静かになりました。


食事の良い写真が有りません。


テーブルの上にメニューが有ったので写しました。
見開きのタイプだったので開いて写したのですが、

写真を見たら右も左も同じことが書いてありました。

 

 

 

 


そのメニューの一番上に描かれていた<トマトスープ>です。

 

 

 


2番目の<蒸した海老>です。

 

 

 


何故か3行目以下の料理の写真が有りません。

失敗作ではなく、写してなかったのです。


閲覧数56 カテゴリ日記 コメント10 投稿日時2021/01/12 21:05
公開範囲外部公開
コメント(10)
時系列表示返信表示日付順
  • 2021/01/13 01:14
    お料理がおいしくて撮り忘れちゃったのかしら。

    ダナンに行ってみたいです。
    ホテル三日月ができたそうなのでそこなら安心していけるかな~と思ったらコロナです。
    貝拾いしてみたいのですよ。
    ハロン湾は真珠の養殖も盛んで日本企業が進出しているそうです。
    次項有
  • 2021/01/13 12:37
    鉛筆zosanさん
    > くちべにがいさん
    もしかしたら、逆に不味くて写す気がしなかったとか・・・???
    ホテル三日月が出来たんですか・・・、私はその前に千葉の三日月に行かなければ・・・。

    ところで、ホイアンの浜辺に貝殻が有ったかなぁ・・・? 
    全然気が付きませんでした。
    次項有
  • 2021/01/13 01:32
    ベッガさん
    やっぱりお箸で食べる料理はおいしそう。文字がローマ字なんですね。どうして自国の文字を捨てちゃったのでしょう。ちょっとトルコの場合と似てるかな。ABCでは表せない文字があるので、上にドイツ語のウムラウトみたいなのがついているところなど。
    次項有
  • 2021/01/13 16:34
    鉛筆zosanさん
    > ベッガさん
    食べるときはお箸に限りますね、海外旅行の時は必ずお箸を持って行きます。
    ツアーの時、これを見た人(ツアーの同行者たち)はほとんど皆が感心してくれます。そして「次から私たちも箸を持ってこよう」と言う人もます。
    次のツアー(当然メンバーは違います)でも持って来ている人を見たことは有りません。

    こんな事どうして気付かないんだろうと思うのですが、誰もお箸を持って行くことに気付かないみたいです。



    > どうして自国の文字を捨てちゃったのでしょう
    捨てている訳ではないと思いますよ。
    外国人にベトナム語のメニューを見せても分からないから英語にしているのだと思うのですが・・・。
    次項有
  • 2021/01/13 18:10
    ベッガさん
    > zosanさん
    ベトナムもかつてはタイ語やヒンデゥ―語のように独特の文字を有し、また日本や以前の韓国のように、漢字もよく使われていたそうですが、植民地化しようとする欧米の影響下でアルファベット文字になったようです。

    現在の正記法であるチュ・クオック・グーについては

    「現在のベトナム語表記に使われるのは、17世紀にカトリックの宣教師アレクサンドル・ドゥ・ロードが考案し、フランスの植民地化以降普及したローマ字表記「チュ・クオック・グー(ベトナム語:Chữ Quốc ngữ/
    次項有
  • 2021/01/13 19:48
    鉛筆zosanさん
    > ベッガさん
    あ、メニューの話でなく現在のベトナム語の話だったんですね。
    失礼しました。

    たしかに外国の植民地になるとアルファベットになったり、字だけでなく言葉自体が英語になってしまったりしますね。

    その点、植民地にならなかったタイは、今でも読めない字を使っていますね。
    次項有
  • 2021/01/13 10:30
    kazu---さん
    飲茶はどこで食べても間違いないですよね。日本人の口に合います。
    香港の珍宝というフローティングレストランにもう一度食べにいってみたいなあ。もう40年も前なので、1人600円ほどでお腹がいっぱいになったように覚えています。
    ベトナム料理の生春巻きとカップ麺じゃあないフォーを食べてみたいです。
    次項有
  • 2021/01/13 16:48
    鉛筆zosanさん
    > kazu---さん
    <飲茶>といっても、小さな蒸篭に一人前を入れてあるわけでなく大皿に入れて持ってくるので飲茶ムードは全くありません。
    ま、団体なので個人用の盛り付けなどしていたら配膳が追い付かないでしょうけどネ・・・。


    香港のお店ですか・・・? もう香港に行くのは難しいというか大変になるでしょうね。

    カップ麺じゃないフォーねぇ・・・。
    2回目のベトナム旅行の時にフォーも何度か食べましたけど、お店が違うとフォーも違い、どれが最も普通のフォーなのか分からなくなりました。
    そうですよね、日本でもうどんや蕎麦、いろんな種類が有りますものね。。。
    次項有
  • 2021/01/14 10:33
    コロナが落ち着いたらベトナムもぜひ行って見たいですね。
    お料理もおいしそうです。
    次項有
  • 2021/01/14 12:01
    鉛筆zosanさん
    > ろれちゃんさん
    是非いらしてみてください、暑いけど面白い所ですよ。

    私のブログでもこれから観光地の事を書いて行きたいと思いますので、参考になればと思います。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
zosanさん
[一言]
85歳になりました。海外の美しい景色の中を走る鉄道写真の撮影が好き…
■この日はどんな日
ほかの[ 01月12日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み