1,366万kW/2,138万kW (03/01 02:40)
63%
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=313393
2021年01月22日(金) 

パルスオキシメーター 2個 明日届きます。

 

 1999年の今頃、血中酸素濃度測定器で命拾いしました。1998年12月31日に脳卒中を発症し救急搬送でICUに収容され4日間の意識不明状態を経て一般病室に移りましたが、左半身麻痺と失明状態それに血中酸素濃度低下で指には血中酸素濃度測定器を装着していました。鼻から酸素供給も・・・

 

 主治医の検診は毎日行われていましたが、ある日、担当の看護婦(看護師という名称は2001年から)さんが血中酸素濃度が改善されないことに気づかれ”これは何か異常・・”と言い出され婦長さんが来られて肺に水が溜まっているので血中酸素濃度が改善されない可能性が高い・・・

 

 主治医が肺に水が溜まっているのを確認され溜まった水を抜いていただきました。後日、別の看護婦さんから、あのままだったら命に関わっていた聞かされ驚きました。

 

 今、コロナ関連でパルスオキシメーター:多分、血中酸素濃度測定器が注目されワイドショーなどでは価格が5万円以上で入手困難と報じられていました。

 

 数年前に1っヶ月ほど寝たきり状態になりその時の症状が現在の頃な肺炎と同じだったので、パルスオキシメーター:血中酸素濃度測定器をネットで探したら安い価格で即納??

 

  

 

 注文が確定したら納期は2月下旬でした。注文をキャンセルせずに待つことにしましたが今朝の注文で午後発送のメールが届きました。

 

  


閲覧数62 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2021/01/22 16:59
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2021/01/22 17:21
    zosanさん
    これはどのようにして測定する物なのか分かりませんが、
    指先に洗濯ばさみのおばけみたいな物をはさんで測る器械・・・、あんなことで血中の酸素濃度が判るなんて不思議です。

    看護師さんにそういったら「そうですね」で終わりでした。。。
    次項有
  • 2021/01/23 15:25
    鉛筆3988さん
    zosanさん コメントありがとうございます

    ・パルスオキシメーターとは?
    https://izabosai.com/pulseoximeter/

    ”酸素飽和度の調べ方には2種類あり、皮膚を通して調べる「経皮的」と血液を直接採血して測定する方法があります。

    パルスオキシメーターは1974年に日本で開発されましたが、血液を採取しなくて済むので患者の負担が少ないことや、測定の簡単さから広く普及しました。”

    入院中に受けた説明は光を利用した装置で血液を採取しなくて酸素濃度を測れる医療器具でした。

      
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
3988さん
[一言]
前の地域SNSでの家族グループを再現したいと思っています。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み