1,681万kW/1,932万kW (04/13 16:15)
87%
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=313535
2021年01月31日(日) 

DELL Inspiron3471 メンテナンス

 

 アプリケーション追加で持ち込まれたDELL Inspiron3471 ですがメンテナンス前のバックアップで強力な暗号化システム(BitLocker)が実行されていることが分かりました。バックアップもリカバリも出来ません。

 

・BitLocker とはVistaから導入されていたHDD、SSDの暗号化システムですがWindows10x64 バージョン20H2で設定項目のひとつとして表に出てきました。(PCを右クリック→プロパティ→詳細設定→BitLocker)

 

 購入後のセットアップ時にOffice2019をインストロールされていることからサインイン・アカウントをマイクロソフトアカウントとパスワードを設定されその時点で、暗号化システムが実行されたようです。

 

 このパソコンは、OSがSSD-256G、データ領域はHDD-1Tという最新?モデルですがOSもデータ領域のHDD-1Tも暗号化されているので正常にサインインしてもデータ領域のHDD-1Tは使えない状態でした。

 

 正常にサインインすればバックアップもリカバリも出来ますが保存先にデータ領域のHDD-1Tは使えません。外部HDDに保存しても、OSのトラブルなどでWindows10にサインインできなくなればリカバリもデータ救出もできません。

 

 依頼された作業前に暗号化解除とバックアップ作業を実行することにしました。

 

1、Windows10x64の暗号化解除

 正常にサインインできれば作業は簡単です。

 

※ BitLockerを無効にする方法

https://dell.to/39oThL0  

 

2,データ領域のHDD-1Tの暗号化解除

 

3,Windows10x64をデータ領域のHDD-1Tにバックアップ

 

4,データ領域のHDD-1Tをパーティション分割でマルチブート領域作成

 

5,分割した領域に新しいOS:Windows10x64をセットアップして必要なセキュリティとアプリケーションを追加してマルチブート設定で作業完了。

 

  

 


閲覧数35 カテゴリDELL パソコン 投稿日時2021/01/31 15:48
公開範囲外部公開
■プロフィール
3988さん
[一言]
福岡県久留米市でパソコン整備士常駐の”パソコン修理久留米”を自営し…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み