1,576万kW/2,432万kW (02/25 05:10)
64%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=313983
2021年02月23日(火) 

夕食はレストランでベトナム風フレンチでした。
写真は省略して・・・、今日最後の観光です。

 

ハノイの街の中心部のタンロン水上劇場水上人形劇を鑑賞します。

 

 

 


この水上劇は11世紀から行われている伝統芸能で、

豊作を祈るイベントで北部の農村で始められたものだそうです。


我々が見るのは水上で演技をする人形です。
人形を操るのは、水槽の向こうにいる人形師です。

 

 

 

舞台に中国風のお寺の様な建物が現れます。
人形劇は全てこの前の池で演じられます。

 

 

 

人形師はこの赤い屋根の建物の裏で腰まで水に浸かり

長い竹棒と糸を使って人形を動かしているのですが、
その姿も棒も糸も見えません。

 

まるで人形が生きているような動きをします。


舞台の左の上段では5、6人の人たちが音楽を演奏します。

 

 

 

劇が始まりました。


船がのんびりと進んでいます。
この形の船はちょっと大きめの船で、真ん中のかまぼこ型の屋根の中は部屋のようになっている船で住居として使われているようなタイプの船です。

 

 

 

次にやって来た船は竜の頭が前方をにらんでいます、戦いの船でしょうか。
乗っているのは兵士でしょうか。

 

 

 

あ! 前方から大きな亀の様な物が向かってきます。

 

 

 

援軍が来てくれたのでしょうか?

 

 

 


勝負が付いたのか、それとも戦いなど無かったのか、分かりませんが」静かになったようです。

 

 

 

登場した人形たちが並んでご挨拶?

 

 

 

花火が揚がり、

 

 

 

人形使いの人たちが前に出て来ました。
1時間足らずの間半身水に浸かり頑張ってくれました。
観客皆で拍手で見送ります。

 

 

 

 

話の内容があまりよく分からないままご紹介しました。
ピントが全然外れているかもしれませんがその点はご容赦ください。

しかし、演技は素晴らしかったです。

 


ホテルに帰り着いた時は夜10時半過ぎていました。


明日は最終日、かなりの観光が控えています。
市内か周辺だけの観光、バスで居眠りの時間は無さそうです。

早く寝て明日に備えます。


閲覧数13 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2021/02/23 17:21
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
zosanさん
[一言]
85歳になりました。海外の美しい景色の中を走る鉄道写真の撮影が好き…
■この日はどんな日
ほかの[ 02月23日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み