1,661万kW/1,932万kW (04/13 17:10)
85%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=314829
2021年04月07日(水) 

先日タイの木彫り製品の事を書きました。
もうひとつお見せしたい装飾品が有ります。

 

唐傘(死語か?)、日本の唐傘とほぼ同じ構造、形状の唐傘を造っている所がタイ北部の都市チェンマイ東部のボーサンと言う所に有ります。

現地名で何と言う施設か分かりませんが、外国人向けにBo Sang Umbrella Villageとか Centerと称しています。

 

 

ここで作っている唐傘は日本の唐傘の様な油紙張りではなく布張りです。

雨除けでなく装飾品であって耐雨性は無さそうです。

 

 

元々は、この布製の唐傘に描く絵が始まりだったと思うのですが、
だんだん傘だけでなく携帯電話を中心とした小物やポーチ類などに広がり、
頼めばTシャツやジャンパー、ポーチなどにも好みの絵を描いてくれます。

 

最近では布製の壁掛けなども売られるようになりました。

 

これは一昨年12月にタイに行った時にお土産に買って来た布製の壁掛けです。

 

今はもう、よほどの田舎に行かないと見ることのできない(田舎に行っても無理か・・・?)タイの風景を描いたものです。

 

これは頼んで描いてもらった物ではなく、既製品ですがプリントではなく手書きです。

 

 
この場所は、40年くらい前に行ったことが有るのですが、

その頃は唐傘を造ってそれに絵付けをするだけの工場だったような気がします。

 

詳しくはいずれ機会が有れば書きたいと思っています。


閲覧数14 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2021/04/07 19:44
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2021/04/08 10:33
    鉛筆zosanさん
    > くちべにがいさん
    ありがとうございます。
    絵を描く所を見ているとあっという間に描いてしまいます。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
zosanさん
[一言]
85歳になりました。海外の美しい景色の中を走る鉄道写真の撮影が好き…
■この日はどんな日
ほかの[ 04月07日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み