1,502万kW/1,755万kW (06/19 12:45)
85%
■バックナンバー
■カテゴリ
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=315323
2021年04月29日(木) 

京成立石駅/立石駅北口地区第一種市街地再開発事業を推進
|流通ニュース

https://www.ryutsuu.biz/store/n042847.html

 

立石駅北口地区市街地再開発準備組合は4月28日、東京都知事により市街地再開発組合の設立が認可されたと発表した。

準備組合は2007年の設立以来、東京都葛飾区立石四丁目他において「立石駅北口地区第一種市街地再開発事業」を推進していた。

 

また、東京建物、旭化成不動産レジデンス、首都圏不燃建築公社は市街地再開発組合設立に向け事業の推進に協力してきたが、後日開催される再開発組合設立総会を経て、正式に参加組合員として再開発事業に参画する。

 

<建物完成予想図>

 

事業では、京成押上線の連続立体交差事業と併せて、区の中心部にふさわしい街並みと賑わい軸を整備する。土地の有効・高度利用の促進、防災性の向上及び良好な居住環境の整備、地域に根ざした生活サービス機能・公益サービス・交流・交通機能の向上など、活気みなぎる安全・安心な市街地環境を形成する。

 

「京成立石」駅北口の交通広場(駅前広場)の新設、交通広場を挟んで西街区に住宅・商業施設からなる住宅棟(地上35階建て、住戸数約650戸)、東街区に公共・公益施設(葛飾区総合庁舎整備の最優先候補地)を中心とした業務棟(地上13階建て)を整備する予定だ。駅北口の新たなランドマークとして、2028年度の完成を目指す。

 

<再開発事業 街区・施設配置図>

 

■再開発事業のスケジュール
1996年度:立石駅北口地区再開発研究会発足
2007年度:立石駅北口地区市街地再開発準備組合設立
2017年度:都市計画決定
2021年度:再開発組合設立
2023年度:本体工事の着手(予定)
2028年度:本体工事の竣工(予定)

 

<再開発事業概要>

 
 

 https://www.facebook.com/Double.Eagle.at.kachinet/p…3102656064

 

マップは再開発予定地、京成立石駅北口

 

南口も別に準備組合が三つも作られていて、再開発を狙っている。
三つに分かれているのは、東側が反対派が少ないので、

先行して話を進めちゃおう、という魂胆。


閲覧数178 カテゴリ立石駅周辺再開発と防災まちづくり、葛飾区庁舎建て替えを考える コメント2 投稿日時2021/04/29 19:41
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2021/05/04 17:43
    zosanさん
    背の高いマンションには住みたくないです。

    停電の時など、自分の脚力で生活できるのは2階ぐらいまでです。
    次項有
  • 2021/05/04 19:13
    > zosanさん

    四階以上では流産率がぐっと上がるそうです。
    階段を使わないせいじゃないかと睨んでます。

    日本列島、千年に一度の大地震期に入って、これから大地震が続くと思うんですけどね。
    東日本大震災では超高層ビルの杭基礎が軒並み折れてしまった、と聞きました。
    続報はありません。
    どうなのかなぁ~~~???
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
Double Eagle @kachinetさん
[一言]
初めまして。かちねっと(葛飾地域づくりネットワーク)から引っ越して…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み