1,286万kW/1,797万kW (09/26 08:25)
71%
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=317690
2021年07月26日(月) 

Windows10 21H1 May 2021 update で壊れるノートパソコン

 

 現在、Windows10 21H1 May 2021 update を実行中のノートパソコンは新規インストールでもWindows10 21H1 May 2021 update 完了後に正規のプロダクトキー認証前に場面が消えて電源表示ランプは点灯したままです。強制電源OFFを繰り返せば、確実にHDDが壊れます。

 

 原因はディスプレイアダプターの不具合です。Windows10 1909 update でも発生した事象ですが、intelのドライバーが不具合を起こしているようです。

 

 Windows10ではデバイスのドライバー更新はWindows10 updateで行うようになっているはずですが・・・

 

 ドライバーの更新を実行してもアンインストールしても何も変わりません。

 

※ コメントを頂きました。その返信です。

メーカー発売時のOSがWindows10の場合やWindows10の互換性が保証されているパソコンなら問題は起きないはずです。

世間ではメーカーがWindows10の互換性がないとしているパソコンが使われています。Windowsの7、IE11のサポート終了で無理やりWindows10にアップグレードするために起きるトラブルです。

 

 

  


閲覧数66 カテゴリテレビとDVD コメント2 投稿日時2021/07/26 11:31
公開範囲外部公開
■プロフィール
3988さん
[一言]
福岡県久留米市で2級パソコン整備士常駐の”パソコン修理久留米”を自営…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み