1,298万kW/1,823万kW (10/23 04:20)
71%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=319054
2021年10月12日(火) 

昔ながらのコッペパンが好きなのですが、

今はコッペパンと名乗っていても全然別物になってしまいました。

 

パンの味も固さも香りもすっかり変わってしまっています。

 

ずいぶん前からそうなのですが、

ファミリーマートの「つぶ餡&マーガリン」(を挟んだ)コッペパンだけは

長いこと<昔のまま>の味を守っていました。

 

が、だんだん店頭に現れなくなり見つけることが非常に出来にくくなっていました。

 

 

 

家内が「コッペパン有ったよ」と買って来てくれました。

でも、見るからに別ものでした。

 

コッペパンの手触りではありません、今流に軟らかくなっています。

塗られているマーガリンもつぶ餡も特に変わりは感じなかったのですが、

肝心のパンがまったく別物でした。形はコッペパンでも中身は今風でした。

 

美味しくありません。

 

昔ながらのコッペパン食べたいです。


閲覧数28 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2021/10/12 17:38
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2021/10/12 18:58
     春日井市には2つコッペパン専門のパン屋があります
     一つが「ラルカンシエル」というコッペパン専門店ですが、コッペパンブームが去って客が激減してから色々のパンを作りだして、なんとか息をしています。
     もう一つが「春日井パン」春日井市の学校給食専門のパン屋さん、両方共に昔ながらのコッペパンが買えますが・・・あまり人気がありません、やっぱり昔ながらのコッペパンは現代のコッペパンとくらべれば不味い!
     昔のモノは美味しい・・・と いうのは幻想にすぎません
     我が家のボケバアサンは何を食べても「昔の物は美味しかった」と言いますが・・・自分の味覚のクオリティーがガタガタであるとの自覚がありません。
     と いうことで「昔のコッペパン」は ないものねだり、だと思います(爆)
    次項有
  • 2021/10/13 11:44
    鉛筆zosanさん
    > EXCITINGのナベさん
    無い物ねだり・・・確かにそうです。

    コッペパンに限らず、甘味料その他何か色々入れてない腰の有る食パン、甘すぎない蒸しパン、長十郎(梨)や国光(りんご)、皮が硬くなるほど育っていないナスやキュウリ、実がもうちょっと固めのトウモロコシ、・・・考え出したらきりが有りません。
    でも、探すと見つかるものも有るんです。

    今の物の方が美味しい物もたくさん有ります。でも、昔人間の口に合わない物も有ります。
    美味しさでは敵わないけど懐かしい味と言う物も有ります。

    かくして無い物ねだりは延々と続きます根気よく・・・・
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
zosanさん
[一言]
86歳になりました。 美しい景色の中を走る鉄道写真の撮影が好きなの…
■この日はどんな日
ほかの[ 10月12日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み