2,302万kW/2,898万kW (07/06 12:55)
79%
■バックナンバー
■カテゴリ
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=322299
2022年03月22日(火) 

精神疾患と診断された人が「薬漬け」の異常な現実
向精神薬の強制投与は過度に鎮静化させる「拘束」
| 精神医療を問う - 東洋経済オンライン

 

https://toyokeizai.net/articles/-/537380

 

■患者に薬を飲まない自由はないのか
 「基本的にその薬が効く場合は最大限まで増量」
■医師の処方にチェック機能が働かない
 「精神科の処方は医師一人ひとりによる名人芸になりやすい」
■服薬の経験がトラウマに

 


 

 

『ルポ・収容所列島 ニッポンの精神医療を問う』
https://str.toyokeizai.net/books/9784492224045/

 


 

シリーズ:精神医療を問う
https://toyokeizai.net/category/ask-mental-health

東洋経済オンライン

 


 

https://www.facebook.com/Double.Eagle.at.kachinet/p…1592287538


閲覧数147 カテゴリ医療、医学、医源病退治 コメント2 投稿日時2022/03/22 19:47
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2022/03/23 00:15
    医者の薬はなるべく飲みたくありません。少々のことは我慢しています。鎮静剤の怖さは亡き母や義母の最後の1年間を見ても分かります。
    あっという間にぼけてしまいました。
    次項有
  • 2022/03/23 09:33
    > ろれちゃん

    処方薬は強い、市販薬は弱いと油断するのも考えものです。
    睡眠薬、睡眠導入剤も。

    医原病、食源病退治が私の素志です。
    志事です。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
Double Eagle @kachinetさん
[一言]
初めまして。かちねっと(葛飾地域づくりネットワーク)から引っ越して…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み