2,485万kW/2,990万kW (07/07 14:05)
83%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=323236
2022年05月09日(月) 
ひょこむ農園での昨日の自分の主な農作業は、スイカを栽培する場所の地盤改良でした。

全体200坪のエリアの中でも、栽培を予定した南西側は、どうやらもっとも低い場所のようで、たくさん雨が降るとすぐに水が浮いてきます。

もともと田んぼだったので、「水持ちがいい」というのは好都合だったのでしょうが、畑の場合「水はけ」が大切です。

水持ちがいい秘密は、その土壌にあります。
南の畑では、20センチより深いとこは超硬い粘土層(硬盤)になっていて、受けた水をしみこませる力はありません。

このままでは、梅雨時に根が水に浸かって生長できなくなるので、なんとかしなくてはと悩んでいました。

そこに友人のT弁護士さんが、ウクライナ支援に使うような機材を持って駆けつけてくれました。
土木工事用の大きなドリルと、くい打ちのような振動スコップ。
スコップは見事に硬盤を壊してくれました。
でも作業はなかなか大変です。

次善の対応として考えたのが、「どうせ水が溜まるのだから溜めるようにする」ということ。
栽培場所が水に浸からないように、遊水池を掘る方法です。

東西に6穴を2列で掘って植え付け場所を用意したので、その南側に幅3m長さ12メートル深さ10センチの遊水池をつくりました。
「農業とは土木工事にさも似たり」
ひたすらスコップで土を移動して山を作りました。

このあと、掘った土で植え付け場所全体を盛り土します。
遊水池の水面から20センチくらい高くできる計算で、さらに苗は30センチの盛り土をした上に淺植えするので、少々の雨では浸からなくなる予定です。

うまくいきますように♪

閲覧数92 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2022/05/09 08:30
公開範囲外部公開
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい♪
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み