2,475万kW/2,990万kW (07/07 13:40)
82%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=323473
2022年05月22日(日) 
TPP、、外務省HPから引用
環太平洋パートナーシップ(TPP)協定とは、オーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、日本、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、米国及びベトナムの合計12か国で高い水準の、野心的で、包括的な、バランスの取れた協定を目指し交渉が進められてきた経済連携協定です。2015年10月のアトランタ閣僚会合において、大筋合意に至り、2016年2月、ニュージーランドで署名されました。日本は2017年1月に国内手続の完了を寄託国であるニュージーランドに通報し、TPP協定を締結しました。
 その後、2017年1月に米国が離脱を表明したことを受けて、米国以外の11か国の間で協定の早期発効を目指して協議を行いました。2017年11月のダナンでの閣僚会合で11か国によるTPPにつき大筋合意に至り、2018年3月、チリで「環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(TPP11協定)」が署名されました。現在までに、メキシコ、日本、シンガポール、ニュージーランド、カナダ、オーストラリア、ベトナムの7か国が国内手続を完了した旨の通報を寄託国ニュージーランドに行っており、2018年12月30日に発効しました。2021年7月、ペルーが国内手続を完了した旨を寄託国ニュージーランドに通報し、9月19日に発効しました。

ところがバイデン氏が来日してインド太平洋経済枠組み(IPEF)に配慮するらしい。
どうやって整合を取るのか、あまりにもアメリカに左右されてはいないか?
数年前まではアジア諸国で日本の信頼性は保たれていたと思うが、ここにきて大きくぶれる可能性があり、おそらくこの差配でアジアの信頼性は揺らいでしまう感じです。

冒頭のアナウンスが消える前にここに記録しておきます。

閲覧数65 カテゴリオジさんの出来事 コメント2 投稿日時2022/05/22 19:58
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
ひつじウシさん
[一言]
兵庫県三田市に住む定年後のおじさんです。 これからは好きなことに励…
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み