1,990万kW/2,380万kW (08/20 11:50)
83%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=323818
2022年06月11日(土) 

今、ノートパソコンの問題点。

 

 直販メーカーのノートパソコンで構成が変更できる場合、容量が少なく高価なSSDよりも容量が大きくより安価なHDDを選択されることが多いようです。以前はOSに使用するHDDは回転数が7,200rpmでしたが単体購入でも回転数7,200rpmのHDDは入手が難しく、回転数が5,400rpmのHDDが使われています。

 

 その上、構成が変更できる場合CPUも価格が安いCore i3を選ばれています。動作が遅い、重たいと感じられたら、メモリの増設やデフラグ(最適化)を実行するよりハードディスクをSSDに交換されることをお勧めします。

 

 購入時に構成が変更できる場合のSSDはM.2というメモリ型の記憶域が使われていてBIOSの設定変更も必要です。簡単なのは2.5インチと同じサイズのSSD換装です。

 

 省エネと超薄型、軽量化が進みすぎて、HDDの交換はおろかメモリの増設・交換もできないパソコンが増えているのでご注意ください。

 

  


閲覧数54 カテゴリパソコン修理久留米 投稿日時2022/06/11 15:40
公開範囲外部公開
■プロフィール
3988さん
[一言]
福岡県久留米市で2級パソコン整備士常駐の”パソコン修理久留米”を自営…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み