2,341万kW/2,845万kW (07/06 11:35)
82%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=323967
2022年06月22日(水) 

僕が子供のころの大阪では、あるものを「ちんちろ」と呼んでいました。

今では大阪でも死語になってしまった感があるこの言葉、その「あるもの」とはこれ、「まつかさ」や「まつぼっくり」と呼ばれることが多い松の実のことです。(https://www.weblio.jp/content/%E3%81%A1%E3%82%93%E3…1%E3%82%8D

 

幼児語と言ってもよい可愛らしい響きを持つこの言葉、まさに「言い得て妙」ではありませんか。

ところで、僕はこの「ちんちろ」が、ある虫の名前の由来になっていると思っているのです。その虫とは、秋になるといい声で鳴く松虫(マツムシ)です。

松虫は、古い時代には鈴虫と呼ばれていたようですが、それが松虫になったのは、その鳴き声を「チンチロリン」という「聞きなし」が定着するとともに、松の「ちんちろ」と関係づけて命名されたものと考えているのです。

この説を唱えるのはたぶん僕だけかと思いますが、賛同してもらえますかな? (笑)


閲覧数66 カテゴリ花と木のブログ コメント4 投稿日時2022/06/22 16:28
公開範囲外部公開
■プロフィール
jamjamさん
[一言]
定年退職して19年、しかし40年やってきた土木屋魂は未だに消えませ…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み