2,191万kW/2,623万kW (08/12 16:20)
83%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=324594
2022年07月29日(金) 

SSD128Gでは容量不足です。解決法の一例

 

 Windows7時代にはHDDの容量が大きいものが好まれていました。640、750、1Tと増大して最大2TのHDDを使ったものも有りました。同時にモニター画面の大型化と多機能化も進みました。

 

 最近ではネットブックに分類される小型、軽量化、機能限定ノートパソコンが増えています。

1、モニターサイズ 13インチ以下

2、光学ドライブなし

3、有線LANポートなし

4、USBポートが3以下

5、HDDの代わりにSSD、M.2SSDを使用(容量は128G、256Gの小容量)

 

 特に、SSD、M.2SSDを使用したものは 容量128Gが多く取り替え不可も有るようです。容量128Gではインターネット閲覧やOfficeの利用には支障ありませんが、画像や動画ファイルの保存で空き容量不足になります。

 

・解決法の一例

1、小型USBメモリを追加してユーザーデータを移動

 

2、SSD、M.2SSDの交換 SSD128GをSSD512Gへ交換の例

 持ち込み時
・SSD128Gが使用率85%で空き容量不足(バックアップも出来ない)SSD128GをSSD512Gへ交換
・本体の無線LANが5GHz帯が使えない??。
   作業内容
1、SSD128Gのバックアップファイル作成。

2、SSD128GをSSD512Gへ交換してバックファイルをリカバリして動作確認。

3、Cドライブを2分割してDドライブを作成、OSのバックアップファイル、ユーザーデータのバックアップも可能に。

4、本体の無線LANが5GHz帯が使えない??問題はデバイスの不具合か本来2.4GHz帯のみか判別不能。

5、予定通り2.4GHz帯・5GHz帯兼用のUSB無線LAN子機追加。

6、無線LAN 5GHz帯使用環境が無かったので2.4GHz帯・5GHz帯兼用のUSB無線LAN親機追加。

7、無線LANのプロパティで2.4GHz帯・5GHz帯の動作確認。

・2.4GHz帯のメリット・デメリット
 周波数が低く、電波が遠方まで届きやすい点がメリットです。また、壁や床などの障害物にも強いため、隣の部屋や階上の部屋にも電波を届けることができます。他の電波が干渉し合い、Wi-Fi(無線LAN)の電波が弱まります。

・5GHz帯のメリット・デメリット
 5GHz帯のメリットは、Wi-Fi専用の電波である点です。そのため、ほかの家電が出す電波と干渉せず、安定的に通信を行うことができます。壁などの障害物があると弱まりやすい点はデメリットとなります。
※設定の変更 ・システムの復元の有効化と復元ポイント作成。
※アプリの追加 ユーザーデータのバックアップ、定番ゲーム

・Windows10の電源OFFの方法
1、画面の左下を左クリック→電源→操作を選択
2、画面の左下を右クリック→シャットダウンとサインアウト→操作選択
3、タスクバーとデスクトップの電源ボタン→操作を選択
4、AltとF4の同時押し→操作を選択
5、電源ボタンの1度押しでシャットダウン 要設定 このパソコンでは設定済み
6、Windowsのシャットダウン、再起動ショートカット 既存ツール
※このパソコンはWindows11に未対応ですがWindows10サポート終了時:2025年8月にご連絡いただければ1年又は2年の期間限定のWindows11へアップグレード可能です。

 

  


閲覧数17 カテゴリパソコン修理久留米 投稿日時2022/07/29 20:17
公開範囲外部公開
■プロフィール
3988さん
[一言]
福岡県久留米市で2級パソコン整備士常駐の”パソコン修理久留米”を自営…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み