1,302万kW/2,312万kW (08/13 05:30)
56%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=324717
2022年08月05日(金) 
 素晴らしい話題に出会った。
 Kさん(男性)はよく知ってるし、筆者の女性も面識がある。
 隣人同士だ。
 Face book の文章をそのまま(無断)引用させてもらった。m(_ _)m

【Kさんち】
腰椎の破裂骨折から2ヶ月半。Kさんはだいぶ良くなりました。ね、この笑顔。

入院しないって聞いた時はめっちゃ心配しましたけど、結果的には入院しなかったから友人たちはみんなKさんに会いに行けたし、元気になっていくプロセスをともに確かめながら「がんばろう」「よかった!」「油断禁物!」と言い合い笑い合えました。

Kさんの人となりによるところも大きいんですけどね。
もうひとつ、おうちのつくりのおかげでもあると思ったんですよね。

Kさんの寝ている部屋は玄関を通らなくても入れるんです。外から網戸越しに「こんにちは〜」と声をかけると「あいよー」と返事があり、靴を脱いでそのままベッドの脇へ。「飲みもんはそこからとってって」と言われ、思わずくつろいで話し込んじゃう。掛け時計は針が止まってるから時間も気にせず。笑。

みんなまちまちにふらっと寄るので、初めましての方とも顔を合わせたりね。それで小出さんの幼馴染の方とお友達になれました。

お見舞いというより「カフェK」に入り浸っている常連みたいです。
外では(飼い犬の)小太郎が尻尾振ってて、みんなの犬ってかんじ。みんなの犬だから散歩もみんなで行く。

わたしももし動けない状態になったら、こういう空間にいたいな。奥の方に隠されないで、いちばん表に近い場所にいたい。

「病は市に出せ」。
これ、すごく好きな言葉なんですが。
物理的にも市に出しやすいところにいるようにするといい。で、動けない人には、動ける人が会いに行くのがいい。

そしたらみんな寂しくないんじゃないかと、思うんです。

 引用は以上。
 「Kさんの人となりによるところも大きいんですけどね」に同感というか「も」は「が」とするべきかも知れない。
 で、その「人となり」だが、これも筆者の著書を読むのが手っ取り早い。

・週末は田舎暮らし by 馬場美織 https://bosotown.com/archives/12862
 
 
 
 

閲覧数30 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2022/08/05 05:58
公開範囲外部公開
コメント(4)
時系列表示返信表示日付順
  • 2022/08/05 14:08
    あいBさん
    このKさん、地域の新聞「房日新聞」に館山湾の夕日の写真を載せていらっしゃいます。「夕日の小出」といって有名ですよ。
    前に房州のコミニティサイトで交流したこともあります。

    ほんと、病気になったら閉じ籠もってしますのではなく、このように人がフラッと寄れるようにしてるといいですねえ。
    なかなか難しいこともあるでしょうけど。
    次項有
  • 2022/08/09 06:49
    > あいBさん
     Kさん、誰からも「愛されキャラ」なんですね。仮に、この寅が「フラッと寄れる」ようにしていても、誰も来てくれないと思います。( ; ; )
    次項有
  • 2022/08/05 14:16
    zosanさん
    私は手術をしたから長引いているのかな・・・?
    手術をしないほうが良かったのかな???
    次項有
  • 2022/08/09 06:58
    > zosanさん
     私も来年は「傘寿」、回復力というか治癒力は確実に衰えています。病んだ時「手術」という荒療治にするか、寿命を受け入れる終末医療を選ぶか。迷います。
     お大事になさって下さい。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
南総の寅次郎さん
[一言]
人情、景観…寅さんが似合う南房総になって欲しい…。▼ Every person is a new…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み