1,352万kW/2,314万kW (08/13 06:25)
58%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=324724
2022年08月05日(金) 

タイのトゥクトゥクは、普通の自動車のように量産型車両ではなく、以前ダイハツにあった軽三輪貨物車、ミゼットの車体を改造したもので、たくさんあるのに量産車ではなく、町工場で思い思いに生産されたものなのに、基本的にまったく同じような形をした乗り物です。

 

 

トゥクトゥクは都市によっていろいろな形があります。

代表的なのはバンコクのトゥクトゥクでしょう。
形は多少違いが有ったりしますがほぼ同型。色は思い思いと感じるほど多種多様、まったく同じものを探すのにちょっと苦労するほどです。

 

バンコクのトゥクトゥクを何枚かご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

いずれ機会を見て他都市のものも紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


閲覧数57 カテゴリ日記 コメント8 投稿日時2022/08/05 18:03
公開範囲外部公開
コメント(8)
時系列表示返信表示日付順
  • 2022/08/05 20:06
    kazu---さん
    どの写真もかわいい色の車ですね。
    乗ってみたいなあ!
    日本にもあったらいいのにねえ。
    次項有
  • 2022/08/05 21:21
    鉛筆zosanさん
    > kazu---さん
    日本にも有ることは有るのですけどね・・・、ほんの数台輸入されていますが、九州の青島で見たことがあります。
    あと横浜の何かのイベントの時に出てきていました。
    次項有
  • 2022/08/05 20:14
    かこさん
    どれもカラフルで可愛いですね^
    大人のおもちゃみたいです
    4輪車もこんな色ですか?
    次項有
  • 2022/08/05 21:26
    鉛筆zosanさん
    > かこさん
    色は実にさまざまです。
    4輪車、タクシーは会社経営のものだけしか無いので会社により色は決まっています。
    おとなしい色ですが日本のタクシーよりは派手なものがあります。
    個人タクシーが許されるようになればいろいろ出てくるでしょうけど・・・。
    次項有
  • 2022/08/06 14:20
    あいBさん
    えッ、そうしますと、トゥクトゥクの車体は全部日本製なんですか!
    今、日本では三輪車なんて見ませんよねえ。
    いったい、この車体の製造年はいつ頃なんでしょう。
    次項有
  • 2022/08/06 21:52
    鉛筆zosanさん
    > あいBさん
    > 町工場で思い思いに生産されたもの・・・

    ちょっと舌足らずでしたでしょうか。
    ここで言っている<町工場>というのはタイの町工場です。
    日本製のダイハツミゼットという軽3輪トラックのフレームやエンジン、足回りなどを利用してタイで作ったものです。

    日本ではあのような車はまず認可されないでしょうし、日本人の頭ではあんな変な乗り物はちょっと思い付かないでしょう。

    今の日本では3輪自動車は特殊な場合を除いて生産されていないでしょうが、1960~70年代くらい(?)までは生産されていたと思います。ダイハツミゼットもそのころの生産でタイにも多量に輸出されていたのだと思います。
    次項有
  • 2022/08/07 15:53
    あいBさん
    やっぱり、
    >日本製のダイハツミゼットという軽3輪トラックのフレームやエンジン、足回りなどを利用して、、、<
    なんですね。

    >1960~70年代くらい(?)までは生産されていた
    そうしますと、エンジンは半世紀以上前のものですねえ。
    そんなにいつまでも動くものなんでしょうか。
    壊れたら、シリンダーもピストンもキャブなどの部品もいちいち手作りするのでしょうか。

    もっとも、ダージリンに行った時、すざまじい山の道を1950年代のジープで上り下りしました。時々車を止めて、冷却水をラジエターに入れていました。
             ┐(-。ー;)┌ 

    日本は贅沢ですねえ、、、。
    次項有
  • 2022/08/07 20:39
    鉛筆zosanさん
    > あいBさん
    鋭いですね・・・、さすがにエンジンは当初のものではありません。
    何年前だったかなぁ・・・。タイでも自動車などの騒音規制や排ガス規制が始まって、2サイクルエンジンだったミゼットのエンジンは規制をクリアすることが出来なくて、全部4サイクルエンジンに積みかえました。(推定中国製かな???)

    そのため、音はずいぶん静かになり(実感・・・でも煩い)、空気も綺麗に・・・なったはずです。

    トゥクトゥクに限りませんが、タイ人の修理能力はすごいです。車体関係の部品は無ければ、似たような部品を探してきて、削ったり溶接したりして何とか使って直してしまいます。トヨタのテールランプユニットの代わりに、日産のユニットを取り付けて、何とか分かり難いように直してしまう等というのは朝飯前です。

    一部のシリンダーライナーは作ってしまいますね、でも品質は・・・恐るべきものです。
    ピストンは無理でしょう。

    キャブ部品など旋盤で作れるものは作ってしまいますがボディは無理ですね。
    旋盤もの、特に板金物はお手の物です。



    ところで、ダージリンに行かれたことあるのですか? トイトレインには乗りませんでしたか・・・?
    トイトレインのこと書きたくなりました。。。いずれ挑戦します。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
zosanさん
[一言]
87歳になりました。 美しい景色の中を走る鉄道写真の撮影が好きなので…
■この日はどんな日
ほかの[ 08月05日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み