2,063万kW/2,493万kW (09/26 13:45)
82%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=325413
2022年09月10日(土) 

昔は、蒸気機関車はどこの国でも走っていました。

 

今、実用として使われている鉄道は数えるほどになってしまいました。

実用としては使われていませんが、観光用あるいは何かの記念として運転されることがある国はいくつもあります。

日本もその例でしょう。

 

タイも同様ですが、毎年、年に何回かの日を記念して蒸気機関車を運転しています。

 

それは別途紹介するとして、駅前などに保存されているいくつかの例を紹介したいと思います。

私の知る限り、

駅前などに蒸気機関車を展示している鉄道はタイ国鉄が世界一ではないかと思います。

 

というわけで、まずタイの駅前機関車を紹介したいと思います。

 

最初はタイ国鉄の北のはずれ駅であるチェンマイ駅前機関車です。

 

と、言いながらチェンマイには何回も行っているのに、チェンマイ駅には2回しか行っていません。

都心から離れているからです。

 

1回目は、1985年9月

私が初めてタイに行った時です(出張)。

その頃のチェンマイ駅は小さな田舎駅でした。

 

2回目は、2019年12月

立派な駅舎になっていました。

 

 

 

 

 

1回目はチェンマイに仕事が有りバンコクから飛行機で行きました。

 

市内でいくつかの会社を訪問し、途中でチェンマイ駅に立ち寄りました。

私が鉄道好きということを言っていないのに駅に案内してくれたのは、

現地の同行者が鉄道好きだったのかもしれません。

 

駅前広場に2両の蒸気機関車が展示してありました。

 

テンダー機関車340号。

 

 

タンク機関車31号

 

 

 

 

 

そして、2019年、2回目のチェンマイ駅です。

 

立派な駅舎が建てられすっかり変わっていました。

 

駅前の展示機関車は1両になっていました。

前回と同じテンダー機関車340号きれいに塗装されていました。

 

 

 

もう1両のタンクロコ31号はどうなったのでしょうか?

解体されたのか、どこかに移動したのか、駅員に聞いても知りませんでした。

 

 

 

 

 


閲覧数45 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2022/09/10 16:01
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2022/09/12 10:57
    タイでは南部方面の仕事だったので、北の方はあまり行ったことがありません。
    鉄道が通っているんですね。
    次項有
  • 2022/09/12 12:14
    鉛筆zosanさん
    > ひつじウシさん
    チェンマイは鉄道の最北端駅です。

    お仕事は南部のどの辺りだったのでしょうか、またいつ頃でしたのでしょうか。私はパダンベサール駅(マレーシア)、スガイコーロック駅まで行ったことが有ります。5~6年前のことです。行っておいてよかったです。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
zosanさん
[一言]
87歳になりました。 美しい景色の中を走る鉄道写真の撮影が好きなので…
■この日はどんな日
ほかの[ 09月10日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み