1,576万kW/2,135万kW (01/19 14:25)
73%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=33370
2008年01月15日(火) 

 一昨年だったか、バンコクの繁華街で爆弾テロさわぎがあった。日本で報道された以上のことは知らないが、今回、いかにもタイらしいテロ対策を目にした。

 

 地下鉄に乗ろうと駅に下りようとした入口でのこと、階段とエレベーターの所にロープが張られ封鎖されている。一瞬、事故でもあって運休かと思ったがエスカレーターは動いている。近くに行ってみると乗り口に人が立っていて、荷物の検査をしている。検査といってもいたって簡単なもので、バッグの口を開いて中を見せると、覗くだけで済んでしまう程度のものだ。

 その時、私の頭の中に爆弾テロのことなど思い浮かびもしなかったので、王族の方か、上層部の政治家かが地下鉄の視察でもされているのかな、ぐらいに思っていた。

 しかし、別の日にもその光景は変わらなかった。<危険物の確認? 火災事故でも有ったのかな?> 鈍い私にはまだ分からない。
 
 電車を降りて、大きなビルの入口に差し掛かった時、ここでも同じ光景が・・・・・。ここでやっと過日のテロのことを思い出した。そうか、テロ対策だったのか・・・・・と。
 
 ところが、これがまた中途半端なのである。よく、道路からでも、ビルの中からでも出入りできる店がある。コーヒーショップなどによく見られるパターンだ。こういう所ではどうしているのかと見てみるとノーチェック状態だ。テロリストがこれに気付かないわけは無い。また、ビルのすべての入口でやっているわけでもない。ことほど左様に中途半端なのだ。が、しかし、これがタイなのだ。このおおらかさがタイなのだ。

閲覧数12,981 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2008/01/15 15:38
公開範囲外部公開
コメント(3)
時系列表示返信表示日付順
  • 2008/01/15 15:42
    東京ディズニーランドの入口でも
    同じ事やりますよ。

    中途半端なバッグの中身確認作業。
    あれはあれで、「予防」なのかもしれませんね。
    次項有
  • 2008/01/15 21:12
    ありましたありました、私たちのグループがバンコクから帰って一週間後でした。

    そのとき、行く前は仏教国だしテロはないと思ってました。

    しかし、南部国境付近では危険区域に指定されてましたね。

    その何ヶ月か前にクーデターがあり、子供が戦車に乗ってはしゃいでおり、その日はさながらこどもの日だったとガイドさんが言ってました。

    タイの国民性ですね。
    次項有
  • 2008/01/15 21:39
    鉛筆zosanさん
    有難うございます。

    デーヴ上田さん、東京ディズニーランドでもやってるんですか。確かに警告的予防にはなりますよね。

    あほねんさん、クーデターと言えば、その時追われた前の首相タクシンさんなんですけど(彼はもう第一線には出てこないと思いますけど)12月の選挙で彼の一派が勝ちましたね、彼について、ずいぶん悪く言う人も多いですけれど、「これだけタイの経済を発展させた功績は大きい」と高い評価をする人も多いようです。ま、政治家に対する評価はどこの国でもいろいろですね。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
zosanさん
[一言]
84歳になりました。海外の美しい景色の中を走る鉄道写真の撮影が好き…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み