1,512万kW/2,176万kW (03/04 06:00)
69%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=334648
2024年02月11日(日) 
・大河ドラマ「光る君へ」躍動せよ!平安の女たち男たち! 創造と想像の翼をはためかせた女性 紫式部 https://www.nhk.jp/p/hikarukimie/ts/1YM111N6KW/
・た。
「当分夢ではないであろうかというようにばかり思われましたが、ようやく落ち着くとともに、どうしようもない悲しみを感じるようになりました。こんな時はどうすればよいのか、せめて話し合う人があればいいのですがそれもありません。目だたぬようにして時々御所へ来られてはどうですか。若宮を長く見ずにいて気がかりでならないし、また若宮も悲しんでおられる人ばかりの中にいてかわいそうですから、彼を早く宮中へ入れることにして、あなたもいっしょにおいでなさい」https://www.aozora.gr.jp/cards/000052/files/5016_9758.html

・紫式部の“紫”はどんな色?―失われた平安の色を求めて―2024.02.17 : #歴史・考古/#源氏物語/#紫式部 https://www3.nhk.or.jp/news/special/sci_cul/2024/02…i-shikibu/

・光源氏が愛した8人の女君(おんなぎみ)を矢作兼と女性ゲストが深掘り 趣味どきっ!「源氏物語の女君たち」(全8回)2月7日(水)から毎週水曜[Eテレ]午後9:30~9:55 再放送翌週水曜[Eテレ]午後0:15〜0:40 https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=41289
・源氏物語の女君たち (1)藤壺の宮 初回放送日: 2024年2月7日 源氏物語の主役は光源氏ではなく女君たち。それぞれの生きざまには現代の私たちも思わず共感してしまう。今回は光源氏が憧れ続けた「藤壺の宮」。光源氏の父である帝のもとに新しく入内した藤壺の宮は、亡き母に似ているとの評判で、光源氏は興味を持つ。それは憧れからいつしか恋心に代わり、光源氏はとうとう藤壺の宮と密通してしまう。果たして生まれた子の運命は?藤壺の宮の決意とは? https://www.nhk.jp/p/syumidoki/ts/5N8N91PYV7/episod…WK54M5X7M/
・源氏物語の女君たち (2)紫の上(前編) 初回放送日: 2024年2月14日 源氏物語の主役は光源氏ではなく女君たち。それぞれの生きざまには現代の私たちも思わず共感してしまう。今回は源氏物語のヒロインとも言える紫の上。病気療養のため京都の北山に滞在していた光源氏は幼き美少女に出会う。それは後年妻となる紫の上。実は彼女は、憧れの女性、藤壺の宮の血縁だったことを知った光源氏は紫の上を引き取って理想の女性にするべく育て始める。https://www.nhk.jp/p/syumidoki/ts/5N8N91PYV7/episod…ZLZLQ37KY/
・大河ドラマ 紫式部「源氏物語」の魅力を紹介(3)葵の上【趣味どきっ!】源氏物語の女君たち 矢作兼 ベッキー はるな愛 2024年02月20日 源氏物語の主役は光源氏ではなく女君たち。それぞれの生きざまには現代の私たちも思わず共感してしまう。今回は光源氏の最初の正妻、葵の上。光源氏は12歳にして、左大臣の娘葵の上と結婚することになるが、一夫多妻の世の中でもあり、光源氏は葵の上にあまり愛情を持てず、あちこちで浮名を流し続ける。結婚10年目にして葵の上が懐妊。ようやく夫婦のきずなを意識しかけた最中、葵の上は光源氏の愛人の生霊にとり殺される。https://www.nhk.jp/p/syumidoki/ts/5N8N91PYV7/episod…L58VPQRQ7/
・源氏物語の女君たち(4)六条御息所 3月6日(水) Eテレ 午後0:15〜午後0:40 https://www.nhk.or.jp/kyoto/lreport/article/000/83/



・笑いの門に福来たる


閲覧数19 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2024/02/11 20:22
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
南総の寅次郎さん
[一言]
人情、景観…寅さんが似合う南房総になって欲しい…。▼ Every person is a new…
■この日はどんな日
ほかの[ 02月11日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み