1,574万kW/1,808万kW (04/24 11:50)
87%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=335249
2024年03月17日(日) 

2024/01/02 羽田空港事故を知っていますか?? 生成AIの回答比較

 

・ChatGPT 3.5 フリープラン

”2024/01/02 羽田空港事故を知っていますか??
 
ChatGPT
申し訳ありませんが、2022年までの情報しか持っていないため、2024年1月2日の羽田空港事故に関する情報は持っていません。最新のニュースや出来事については、信頼性のあるニュースソースや公式発表をご確認ください。”

 

・Copilot

”自分
2024/01/02 羽田空港事故を知っていますか??
  
Copilot
はい、2024年1月2日に発生した羽田空港地上衝突事故について知っています。この事故は、日本航空(JAL)の516便と離陸待機中の**海上保安庁の航空機(みずなぎ1号)**が滑走路上で衝突したものです1。

以下は事故の概要です:

乗員数: 12人
死者数: 0人(全員生存)
海上保安庁みずなぎ1号:機種: デ・ハビランド・カナダDHC-8-Q315 (MA722)
乗員数: 6人
死者数: 5人(機長1人を含む)
この事故は、日本航空においては1985年の日本航空123便墜落事故以来、約38年5ヶ月ぶりに発生した機体全損事故であり、国内外に大きな衝撃を与えました。幸い、乗務員の誘導により、両機の乗客は全員脱出できました日付: 2024年1月2日
現場: 日本・東京都大田区の東京国際空港(羽田空港)のC滑走路上
日本航空516便:機種: エアバスA350-941
乗客数: 367人

 

Copilot とは??
**Microsoft Copilot(マイクロソフト コパイロット)**は、Microsoft社が提供している生成AIツールです。この名前は「副操縦士」を意味し、ユーザー(操縦士)をサポートする存在を表しています。以前は「Bing Chat」という名称でしたが、2023年12月に「Microsoft Copilot」という名称に変更され、新たにリリースされました。

Copilotは、GPT-4という言語モデルをベースにしており、Microsoftアカウントを持っていれば誰でも無料で文章、コード、画像などを生成できます。有料版ではMicrosoft 365と連携することも可能です。

Copilotの主な機能と特長は次のとおりです:

 

ブラウジング:

不明確なキーワードでも対話形式で簡単に検索できます。
Bingを活用してリアルタイムで情報を検索できます。
検索結果の要約と共に参照元のURLも表示されます。
文章の生成:

ゼロから文章を作成できます。例えば「本のタイトルを付けて」「ドラマの設定を考えて」など。
注意が必要ですが、他のサイトからの流用や既存のコンテンツの可能性もあります。

 

画像の認識:

アップロードしたJPGまたはPNG画像に関する情報を得たり、画像に基づいた質問をすることができます。
画像の生成:

プロンプト(指示文)を入力することで、テキストに合った画像を生成できます。
CopilotはWindows 11に標準搭載されており、Microsoft Edgeのサイドバー、Windowsの検索ボックス、タスクバー、ショートカットキー「Windows」+「C」から利用できます。また、モバイルアプリも提供されています

 

 


閲覧数49 カテゴリパソコン修理久留米 コメント0 投稿日時2024/03/17 16:46
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
    ※画像に表示されている文字を入力してください。
■プロフィール
3988 パソコン修理久留米さん
[一言]
福岡県久留米市で2級パソコン整備士常駐の”パソコン修理久留米”を自営…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み