1,627万kW/1,795万kW (04/24 10:55)
90%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=335500
2024年03月31日(日) 

長崎新幹線のフリーゲージトレインはなぜ実現しないの??

 

Copilotの意見
長崎新幹線のフリーゲージトレインが実現しなかった理由について、いくつかの要因が考えられます。まず、フリーゲージトレインとは、新幹線と在来線の軌間を変更できる車両のことを指します。しかし、なぜこのような車両が実用化できなかったのでしょうか。

軌間の違い: 鉄道路線はゲージ(線路幅)が異なります。広いゲージは安定性が増し、車両設計上有利ですが、大きなゲージを採用するとトンネルや駅、鉄橋のスペースも大きくなり、建設費が高くなります。日本の在来線は狭いゲージ(狭軌)を採用しており、新幹線は標準軌(1435mm)を使用しています1。
フリーゲージトレインの歴史: フリーゲージトレインの歴史は国際列車に端を発します。スペインとフランスを結ぶ列車は国境で台車を交換していましたが、時間的制約など運行に大きな支障となっていました。そこでスペインは軌間可変仕様のタルゴIII-RDを実用化しました。この車両は各軌間に対応した位置で車軸をロックする機構を持ち、国境付近の駅で軌間を変更できる仕組みです1。
維持費と耐用年数: フリーゲージトレインは複雑な機構の台車を使用するため、整備点検に手間がかかります。また、車軸の摩耗が早く、車両の耐用年数までに10回以上の交換が必要になることから、実用化が難しいとされています。

 

ヨーロッパでは普及しているのに技術大国??の日本では

 

 


閲覧数22 カテゴリパソコン修理久留米 コメント0 投稿日時2024/03/31 17:28
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
    ※画像に表示されている文字を入力してください。
■プロフィール
3988 パソコン修理久留米さん
[一言]
福岡県久留米市で2級パソコン整備士常駐の”パソコン修理久留米”を自営…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み