1,574万kW/2,206万kW (01/26 16:35)
71%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=34557
2008年01月28日(月) 

 昨27日大阪国際女子マラソンで、福士選手が壮絶な走りを見せた。何回も転倒しながら完走したことは大変立派であった。

 

 しかし、私は彼女の挑戦を大変疑問に思った。彼女は、彼女のリーダーは、そして周りの人たちは、マラソンと言うものをどう考えていたのだろうか

 

 私は全くの素人でマラソンが何かの真髄を知っているわけではない。いや、マラソンに限らずスポーツ全般についてもそこの所は良く分かっているわけではない。

 

 確かに彼女は中・長距離で素晴らしい記録を持っているかもしれない。3,000mとか10,000mで良い結果を出しているかもしれない。しかし、10,000m、すなわち10Kmではマラソンの1/4にも満たない距離だ。しかも練習でも30Km以上の距離を走ったことが無いと聞いて私はあきれてしまった。

 

 何度も言うが私は全くの素人だし、彼女や彼女のリーダーたちは専門家だと思う。だから多分私の考え方が間違っているのだろうと思うが、マラソンを走ると言うことはそんなに簡単なことなのだろうか。しかも、北京を狙っての挑戦だったという。オリンピックに出ると言うのはそんなに簡単なことなのだろうか。まことに変な言い方で申し訳ないが、ポット出がオリンピックに行けるのなら、北京に向かって毎日大変な努力をしている人は何なんだろうとさえ言いたくなるではないか。

 

 ところがテレビもラジオも新聞もそんなことは何も言わない。触れてもあっさりと流しているだけだ。と言うことは、やはり私は何か勘違いしているのかもしれない。なんとも釈然としないことである


閲覧数12,537 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2008/01/28 15:58
公開範囲外部公開
コメント(3)
時系列表示返信表示日付順
  • 2008/01/28 20:10
    ねこさん
    zosanさんに1票!
    いえ、今日会社で皆同じ事言い合っていたので
    1票どころではありません。

    転んでも笑顔を絶やさない彼女を見るのが辛かったです。
    彼女のお母さんの気持ちを思うと、いたたまれなくなりました。

    最後まで走りきったことで、少し救われた気持ちにはなりましたが・・・
    次項有
  • 2008/01/28 21:10
    鉛筆zosanさん
     貴重な一票を有難うございます。同じような感じを持たれた方がいらっしゃることが分かり心強い思いです。
    次項有
  • 2008/01/28 21:52
    体力の限界を越え、気力だけで走りきった福士選手は確かに立派でした。でも、きつい言い方かもしれませんが、倒れても走るのは当たり前でしょう。

    直前のインタビューを聞いてても、マラソンをなめてるのかと問いたいくらいの姿勢ではなかったでしょうか。元々が中距離の選手で、初のフルマラソン挑戦やのに、練習でも30km以上走ってないなんて、普通考えられんでしょ。

    本当にマラソンでオリンピックに出ようと思っていたのか、出たくないのに無理やり出るはめになったのか、どちらにしても、すっきりしない気持ちになりました。

    もっと真摯な気持ちで挑んでほしいと思います。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
zosanさん
[一言]
84歳になりました。海外の美しい景色の中を走る鉄道写真の撮影が好き…
■この日はどんな日
ほかの[ 01月28日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み