2,092万kW/2,424万kW (01/27 11:55)
86%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=37907
2008年02月29日(金) 

会社の付き合いで出席した
通夜の席で、とても若いご導師さんが
短い詩を紹介されました。

その詩にハッとしました泣き顔ので、
ちょっと ご紹介しますね exclamation

 

(有名なのかな? ワタシは全然知らなかったけど。。。)

 

 

いのちのバトンタッチ

人は必ず死ぬから

いのちのバトンタッチがあるのです

死に臨んで先往く人が

「ありがとう」と言えば

残る人が「ありがとう」と応える

そんな一瞬のバトンタッチがあるのです

死から目をそむけている人は

見そこなうかもしれないが

そんないのちのバトンタッチがあるのです

青木新門 詩集 「雪道」より

 

なんか、この詩に

 人の命の連鎖というものを感じてしまったのです。。。
              


閲覧数2,218 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2008/02/29 19:37
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2008/02/29 22:38
    fumipapaさん
    合掌
    次項有
  • 2008/02/29 23:49
    天文学的な確率のご縁があって生を受け、家族・隣人や地域社会との出合が有ります。

     死に臨んで「ありがとう」と言える人生を送りたいものです。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
ひろーきさん
[一言]
あーー、最近家でDVD観てると、すぐ寝てしまいますー!
■この日はどんな日
ほかの[ 02月29日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み