1,475万kW/2,707万kW (09/17 06:55)
54%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=42410
2008年04月15日(火) 
2008.4.16(水)
毎週 お薦めCD、思い出のCD レビューを掲載しています。

1)フルーリーン 「クロース・イナフ・フォー・ラヴ」
2)エディ・ヒギンズ・トリオ 「イフ・ドリームス・カム・トゥルー」
3)ジョニ・ミッチェル「逃避行」

     ◇     ◇     ◇

<female vocals>
1)フルーリーン 「クロース・イナフ・フォー・ラヴ」
ASIN: B00005FEMB

オランダ出身、93年以降NYを中心に

活動している彼女のメジャー・デビュー作。

97年から続いているブラッドメルドーとの相性も良く

ブラッドメルドーのソロアルバムからも数曲選曲されている。

JAZZシンガーの枠にとらわれない歌が

とても心地よいです。

私の評価:☆☆☆☆★

     ◇     ◇     ◇

<jazz>
2)エディ・ヒギンズ・トリオ 「イフ・ドリームス・カム・トゥルー」
ASIN: B0006FGVN4

最近、ピアノトリオばかり 聴いているなぁ。

JAZZの演奏形態で、ドラム・ベース・ピアノのユニットが

一番可能性があって、自由で、

それぞれの存在に重みがある

構成だと思います。

でも、ヒギンズの演奏は 

よくある 「りきみ」

もなく、いつも淡々としている。

この素朴な味わいがたまらなくいい。

いつまでも、ただ音に浸って 心を癒したい!

私の評価:☆☆☆☆☆

     ◇     ◇     ◇

<my favorite > 
3)ジョニ・ミッチェル「逃避行」
ASIN: B000GW88XI

ベースにジャコ・パストリアスが参加し、

ジョニのキャリアの一つの頂点をなす作品です。

このアルバムで聴ける JACOのプレイがカッコいい!

このあと同じ路線で作られた、「ミンガス」

「シャドウズ アンド ライト」も お勧め!

最近のアルバムは、彼女が自分で描いた

ジャケットの絵ですね。このタッチも好きですね。

当然、歌は文句なしです!

私の評価:☆☆☆☆☆

閲覧数2,067 カテゴリ本・CD・ワイン コメント1 投稿日時2008/04/15 13:20
公開範囲外部公開
コメント(1)
時系列表示返信表示日付順
  • 2008/06/25 22:55
    okamotoさん
    エディ・ヒギンズいいですね。前回のデビット・ヘイゼルタインといい Venus Records は勢いがあり良い作品をつぎつぎとリリースしているように思います。スタンダードをベースにしているのですがとても洗練されています。そのへんが結構うけている理由でしょうかね。わたしも最近よく聴いています。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
hiroさん
[一言]
オカリナをこよなく愛しています。 動画はコチラ http://www.youtube.com/user/…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み