2,198万kW/2,591万kW (07/18 15:25)
84%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=43534
2008年04月25日(金) 

 水掛けはとにかく豪快でした。チェンマイの3~4月はもっとも暑い時期ですから水をかぶると冷たくてとても良い気持ちです。

 

 なんだか水掛けが旧正月の中心的なイベントみたいになってしまっていますが、実はお正月は仏様に感謝し、祖先を敬い、家族の幸せを願う行事が本来のものです。日本の初詣でと同様大勢の人たちがお寺にお参りに行くのです。

  お正月の行事としては、13日の午後に仏像のパレードが行われます。日頃は夫々のお寺の本堂に安置されている仏像が外に出され、チェンマイの中心的存在の‘ワット・プラシン’まで1Km半ほどの道のりをパレードします。日頃は手が届くほど近くで仏像を見ることは出来ませんので、人々はすぐそばまで行って拝みます。また、仏像に水を掛け、滴り落ちる聖水を手桶に受け自分の頭や家族の頭に付け幸運を祈ります。

 

 14日には川原の砂を集め、お寺に持って行き、砂の仏塔を作ります。これは日頃お寺に参り、足に付いた砂を持ち出してしまうので、砂をお寺に帰すという意味合いからの事だそうです。

 そして、元日に当たる15日にこの砂の仏塔に幟を建て、幸運を祈ります。

 

 以上が、私の知り得た旧正月のいろいろな行事です。ここには写真が3枚しか載せられません。詳しくは ↓ をどうぞ。

 

 http://zosan-zosan.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/p…_600d.html

 

 http://zosan-zosan.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/p…_59ae.html

 

 

同じ肌色をして、同じような色の服を着た人が写っています。良く見ると、服の形や色は少しちがっています。左の人はどうやらお坊さんのようですが・・・・・、右側は―――私です。


閲覧数11,958 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2008/04/25 20:43
公開範囲外部公開
■プロフィール
zosanさん
[一言]
84歳になりました。海外の美しい景色の中を走る鉄道写真の撮影が好き…
■この日はどんな日
ほかの[ 04月25日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み