2,083万kW/2,591万kW (07/18 17:25)
80%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=46911
2008年05月30日(金) 

 但馬長寿の郷ギャラリー温(ぬくもり)では、明日5月31日から6月16日まで、「俳句と書の出会い展」を開催しています。詳しくは次のアドレスから。
 
http://hyocom.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=64489&am…1211344769

 この企画は、浜坂の尾崎龍(しげみ)さんとそのお仲間が詠んだ俳句を、滴心書道会のメンバーが書にして展示するもので、俳句と書のコラボです。

 浜坂と言えば、知る人ぞ知る前田純孝(吉永小百合の夢千代日記にたびたび登場)の歌碑があるところ。(新温泉町諸寄)

 純孝は、「東の啄木、西の純孝」と言われたほど有名な明治の歌人ですが、肺結核のため31歳で亡くなっています。そういう文化の流れが今も残っているのでしょうね。

 また、滴心書道会の代表は綿貫墨石(わたぬきぼくせき)先生で、実は私の小学校時代の書道の先生です。旧建屋(たきのや)小学校で毎週土曜日の午後に書道を教えていただきました。

 が、できの悪い生徒の私は、書を書いた記憶はあまりなく、騒いだ罰として廊下に立たされたり、運動場を走ったりの記憶だけが残っています。
 結局、字は上手になりませんでした。まあ、当然のことですが。

 といういきさつもある「俳句と書の出会い展」、よろしければお越し下さい。

 書の写真は綿貫先生のものですが、反射して上の方が見えません。

 句はこのとおりです。

   「産声や 淡きみどりの 今年竹」






閲覧数2,020 カテゴリ但馬長寿の郷 コメント4 投稿日時2008/05/30 18:02
公開範囲外部公開
コメント(4)
時系列表示返信表示日付順
  • 2008/05/30 20:16
    zigさん
    実は私も地域の句会に入っていて
    俳句をやります。
    俳号は”時具”です。(*^_^*)
    チャンスを作ってお伺いしようっと。
    次項有
  • 2008/05/30 20:54
    zigさん

    なるほど~
    次項有
  • 2008/05/30 21:47
    今日は 川柳講座の日でした
    ボチボチ楽しみにやらせてもらっています

    俳句と書のコラボもいいですね
    わたしも 近頃 書もやりたいなぁ~
    なぁ~~んてね ^^
    次項有
  • 2008/05/31 16:13
    みやちゃん

    書のグループはいいですね。
    看板も自分で作ってきてくれます。
    ちょちょいと書いても味があります。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
本荘ケイさん
[一言]
オオサンショウウオとホタルの棲む川沿いのムラに、私は住んでいます。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み