1,579万kW/2,098万kW (02/29 22:35)
75%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=49890
2008年06月26日(木) 

今朝家から道路へ出たら、遠くから黄色い声が聞こえて込ました。「音源地」は、20年ほど前に娘が通っていた小学校です。

そうです、プールの授業が始まってるんです。もうこんな季節なんですねぇ

学校のすぐ前の住人は、これから夏休みに入るまでの間、このすさまじい騒音(?)に耐えていかねばなりません。

でも、道路騒音や選挙カーのスピーカーの音に比べたら可愛いものです。むしろ好ましい騒音と言えるでしょう。


大阪の事務所へ行った帰りの電車で、ふと頭上を見上げたらこんな広告がぶら下がっていました。大阪の京橋駅にある「京阪モール」の広告です。もうこんな季節なんですねぇ



この車両の広告は全部これでした。《他社からの広告料より、自社の広告で客を呼ぶ方が儲かるのかな?》と変なことを考えてしまいました。

男の目から見るとこんな広告には全く興味が湧きませんが、女の方には効果があるんでしょう。そうでなければ広告収入をおじゃんにしてまでこんな広告を出すはずがありませんものね。

とは言いながら、週刊誌のゴテゴテした広告より、《この方が涼しげで爽やかな気分になれるなぁ》と思ったことでした。


閲覧数2,105 カテゴリ日記 コメント8 投稿日時2008/06/26 21:55
公開範囲外部公開
コメント(8)
時系列表示返信表示日付順
  • 2008/06/26 22:34
    hiromineさん
    うちの職場の眼下にも小学校のプールがあります。

    先週からプール授業が始まり賑やかです。
    ここんとこ少し肌寒い気候ですが楽しそうです。

    私も週末スポーツクラブのプールに行って一泳ぎしようかと思います。
    次項有
  • 2008/06/26 22:49
    すぶたさん
    あまり泳げない私は、プールがある日はどきどき。
    昔の先生は、厳しかったです。
    ちゃぽちゃぽ、浮いているわけにはいきませんでした。
    次項有
  • 2008/06/26 23:37
    鉛筆jamjamさん
    ⇒hiromineさん
    今日は涼しい一日でしたね。でもやっぱり大阪は暑いと思いました。梅田の事務所へ着いた途端、クーラーのスイッチを入れましたよ。(笑)

    しかし流石ですねぇ。hiromineさんは健康的な生活を送っていらっしゃる。
    次項有
  • 2008/06/26 23:46
    鉛筆jamjamさん
    ⇒すぶたさん
    プールと言えば、4年生のころに、僕は女の子を水の中へ突き落として先生にエライ叱られたことがありました(もちろん、体罰です)。普段は品行方正な僕の、たった一度だけの悪戯でした。
    その先生は、明治生まれの怖~い男の先生でしたが、いい時代でしたね。
    次項有
  • 2008/06/27 08:27
    もうこんな季節なんですねぇ
    私も大阪にいる時、季節を感じるのは、吊り広告や、女性のファションからでした。四季の移り変わりを感じるのが、人工的なのは少し悲しい事です。自然豊かな丹波では、日々の移り変わりがはっきりしています。2~3日散歩をサボると景色が変わってしまうこともあります。自然界の凄さを感じる時です。

     だけど、京橋という音の響きは、私が、子供から学生時代や社会人になってからも、最も馴れ親しんだターミナルで、まだ京阪が高架になる前から愛着があり、~きょうばしは、ええとこだっせ~のCMのうたごえは耳から離れません。今も、懐かしい思い出が一杯のところです。
    次項有
  • 2008/06/27 09:12
    鉛筆jamjamさん
    ⇒3チャンネルさん
    丹波ほどではありませんが、僕も退職して生活の大半を郊外で過ごすようになってからは同じようなことを感じますね。

    ところで京橋ですが、僕はそのすぐ近く(寝屋川を渡った西鴫野)で生まれ育ったので、今でもわが家の庭のようなものです。
    京阪の京橋駅は昔「蒲生」といいましたがご存知ですか? そのころに駅の北側に「京阪スーパーマーケット」というものができました。今でいう「スーパー」とは別種のもので、専門店街のようなものですね。確か昭和30年代後半まであったと思いますが、場末の蒲生には場違いなところでした。僕が初めてレコードを買ったのはここでした。懐かしい思い出です。
    次項有
  • 2008/06/27 20:46
    jamjamさんへ

    再京橋論。私は中学が桜ノ宮。商店街の北の端でした。どぶ川横のバラック教室は酷かった。この頃の京橋は怖いお兄さん達が多い時代でした。

    その後、豊中へ転居しましたが、10年後、職場は関目になり10数年勤めました。飲み会はほとんど京橋の高架下でした。最近は、明るいお店が増えましたが、それでも、なんとなく、気取らない、垢抜けない庶民の町、少し怪しい雰囲気の町は、今でも残っていますね。嬉しい事です。

    「蒲生四」は渋滞情報でお馴染みですが、蒲生の駅名は初めて聞きました。「京阪スーパー・・」はかすかに覚えていました。この頃、大雨になると、線路を潜る階段下がよく水に浸かっていました。また、ホームが狭い上に、かなり弓なりになって危険な駅でしたね。旧線路跡が判るのは、JR環状線下をくぐるトンネルだけになりましたね。
    次項有
  • 2008/06/27 23:15
    鉛筆jamjamさん
    ⇒3チャンネルさん
    ローカルな問答になりましたね。(笑)

    3チャンネルさんは桜ノ宮中でしたか。僕は城陽中でしたから、桜ノ宮はかなり上品な学校に見えましたけどね。これもローカルな話でした。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
jamjamさん
[一言]
定年退職して17年、しかし40年やってきた土木屋魂は未だに消えませ…
■この日はどんな日
ほかの[ 06月26日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み