1,228万kW/2,125万kW (10/02 06:10)
57%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/index.php?ps=3&pl=&s=&so=&key=1428&year=2007&month=9
■2007年9月の書き込み
書き込み数は45件です。 [ 1 2 3 4 5 ]
2007年09月18日(火) 
昨夜のことです。睡眠中に突然右足の親指に激痛が走りました。
親指が内側に90度曲がり、戻そうとしても戻りません。手を添えても駄目でした。それと連動して脛の外側の筋肉も痛みます。懸命にマッサージした結果かどうか、暫くしてようやく元に戻りました。しかし脛を押さえるとまだ痛かったので、サロンパスを2枚貼って寝ました。

ふくらはぎが硬直する 「こむら返り」 はときどき起こりますが、昨夜のような症状は今年になってからで、2~3度起こりました。それも決まって右足です。

これはこむら返りの一種なのでしょうか、それとも原因不明の奇病なのでしょうか。

閲覧数1966 カテゴリ日記 コメント9 投稿日時2007/09/18 19:10
公開範囲外部公開
2007年09月18日(火) 
 と言ってもフランク永井や三船浩の話ではない。オペラの低音歌手のことである。

 オペラ、特にイタリア・オペラではソプラノ (又はメゾ・ソプラノ) とテノールが主役で、他の人は脇役にまわることが多い。中でもバスやバリトンは敵役、悪党といったイメージが強い。

 ところがモーツァルトのオペラだけは別で、バスやバリトンが主役になっているものが多い。「フィガロの結婚」 のフィガロ、「魔笛」 のザラストロ、そして 「ドン・ジョヴァンニ」 のドン・ジョヴァンニ、みんなバリトン又はバスが主役になっている。

 「男」 を感じさせるバリトンの美声、「大人

閲覧数2369 カテゴリ連載読物 コメント2 投稿日時2007/09/18 11:30
公開範囲外部公開
2007年09月17日(月) 
昨日今日と真夏に逆戻りしたような蒸し暑い日が続いていますが、庭に出てみると植物の世界はすっかり秋です。

8月まではこんなに咲いていたアベリアですが、

    
今日見ると、こんなに淋しくなっていました。

    
ふと足元を見ると、カタバミが鮮やかなピンクの花を咲かせていました。カタバミは普通黄色い花ですが、これはムラサキ・カタバミという品種で、草丈が高く葉も花も大型です。ネットで検索すると夏に咲くと書いてあるものが多いのですが、わが家では毎年秋に咲きます。
ちなみに、わが家の定紋はカタバミです。

    
もう少ししたら、そ

閲覧数2174 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2007/09/17 11:56
公開範囲外部公開
2007年09月17日(月) 
晩ご飯の紹介はいつも一日遅れになります。娘の帰りが遅くて10時以降になることが多いから仕方ありません。

さて献立ですが、「刺身用」 と書かれた立派なヒラメが片身1枚670円で売っていたので買って帰り、これをメインにしました。

    
このヒラメ、この状態で20cm以上ありますから、頭と尻尾を入れると優に30cmはあります。もちろん活けもので国内産です。大きいので半分を薄造りにし、半分をフライにしました。
薄造りは身が軟らかいので上手く切れなかったけれど、葱と紅葉おろしを入れたポン酢で食べましたが、舌の上でとろけるような滑らかさと甘みがあって、最

閲覧数1939 カテゴリお父さんの料理 コメント2 投稿日時2007/09/17 09:45
公開範囲外部公開
2007年09月16日(日) 
駅の構内にたこ焼き屋がある。店頭売りのほか、小さな店内に10人ほどが座れるカウンター席がある。

この店ができてもう20年以上になるが、先日初めて入って食べたら美味しかったので、その後何度か入るようになった。ここのたこ焼きは醤油味で蛸も大きい。

今日は 「ねぎマヨ」 というのを註文してみた。普通に焼いたたこ焼きの上からマヨネーズをかけ、天かすをばら撒いて、刻んだ葱をバサッと載せてある。値段は普通のたこ焼きと同じ6つ300円、8つ400円である。割安だ。葱の好きな僕にはありがたい。これからは 「ねぎマヨ」 オンリーでいくことにしよう。

    

閲覧数1836 カテゴリ日記 コメント24 投稿日時2007/09/16 19:18
公開範囲外部公開
2007年09月16日(日) 
 バッハとヘンデルが同じ年 (1685年) の生まれであることは随分前から知っていた。その後、さまざまな音楽を聴くようになり、シューマンの音楽が僕の心を捕らえるようになったころ、そのシューマンとショパンが同じ年 (1810年) の生まれであることを知った。そして同じころ、オペラ作曲家の両巨頭であるヴェルディとワーグナーもそうである(1813年) ことを知った。

 うーん、といった感じである。そこで調べてみたら、出てくるわ出てくるわ、よく知られている作曲家だけでも10例を超えるほどである。バッハ、ヘンデルと同じ年にドメニコ・スカッラッティもいたのである。

閲覧数2361 カテゴリ連載読物 コメント4 投稿日時2007/09/16 10:24
公開範囲外部公開
2007年09月15日(土) 
プロ野球の実況放送を見たり聞いたりしていると、よく解らない言葉が出てくる。僕だけが知らないのかもしれないが、

その1 キレ
「この球はスピードはそれほどではないけれど、キレがありますからね。」 といった使い方がされる。変化球の場合に、曲がり方が湾曲ではなく屈曲して変化するのかな、と何となく解ったような気になるが、直球の場合にも使われることがあるから不可解だ。
「腰のキレがも一つですね」 となるとますます訳が分からなくなる。

その2 さしこまれる
凡打をしたときなどに 「さしこまれましたね」 などと言われる。
「指し込まれる」

閲覧数2479 カテゴリ主張・論評 コメント9 投稿日時2007/09/15 10:53
公開範囲外部公開
2007年09月15日(土) 
この3日間、渦中にある3人の政治家の表情を写真で追ってみた。
(写真はいずれも毎日新聞から)

12日、緊急記者会見で辞任を表明したときの安倍総理
    

13日、《次は自分だ》 と思ったであろう麻生氏
    

14日、1日で情勢は急変、麻生氏と福田氏
    

人間の心の内を、見事に映し出した写真であった。
写真とは残酷なものだ。

閲覧数1916 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2007/09/15 10:03
公開範囲外部公開
2007年09月14日(金) 
毎日の献立を考えるのは、主婦の方ならみんなそうだろうと思うが、料理好きの僕でも、ええ加減嫌になるときがある。昨日がそうだった。

そんなとき、デパ地下やスーパーで出来合いの惣菜を買ったり、弁当で済ますこともあるが、昨日は冷蔵庫に残っている食材を使った簡単料理にしようと思った。冷蔵庫を信用した結果、よく腐らせてしまうことがあるからである。

簡単な料理と言えば、丼である。冷蔵庫には豚ロースの切り落としが100gほど残っている。一昨日使った松茸の脚の部分と笠の切れ端も残っている。そこで松茸入りの豚丼をつくることにした。典型的な関西人である

閲覧数2319 カテゴリお父さんの料理 コメント13 投稿日時2007/09/14 13:03
公開範囲外部公開
2007年09月14日(金) 
 先日ある方 (女性) のブログにコメントしました。その方は、それまでのブログを読む限り、人生のことを真剣に考えておられるようで、読んでいて感銘を受けることも多く、ちゃらんぽらんな僕にとっては尊敬に値する人だと思っています。

 今回読んだブログにも、「ひょこむ」 を通じていろいろ勉強したい、自分自身成長していきたいといった意味のことが書かれてありました。内容のあるいいブログです。しかし、僕はちょっと心配になってきたのです。その方が疲れてしまわれないかと。

 そこで僕は、『あまり生真面目にやりすぎると疲れますよ。適当に息抜きすること

閲覧数2052 カテゴリ主張・論評 コメント12 投稿日時2007/09/14 09:11
公開範囲外部公開
[ 1 2 3 4 5 ]
■プロフィール
jamjamさん
[一言]
定年退職して18年、しかし40年やってきた土木屋魂は未だに消えませ…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み