1,304万kW/2,352万kW (07/25 02:00)
55%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/index.php?ps=4&pl=&s=&so=&key=1428&year=2006&month=12
■2006年12月の書き込み
書き込み数は35件です。 [ 1 2 3 4 ]
2006年12月05日(火) 
昨夜、寝ようと思って2階へ上がる階段の電灯のスイッチを入れたら、パチンと音がして電球が切れた。クソッ!
電球を付け替えようと戸棚を開いてみたら買い置きの電球がない。
ツイてない。

今朝、手づくりの卓上カレンダーを友人に送ろうと、封筒に入れて重さを量ってみたら5gオーバーで、買い置きの120円切手では足りない。不細工だが、昔の馬鹿でかい20円切手を貼り足した。
ツイてない。

最近パチンコをしても負ける。
どうも運気が下がっているようだ。
気をつけないと交通事故に遭うかもしれない。用心、用心!

閲覧数2477 カテゴリ日記 コメント13 投稿日時2006/12/05 10:21
公開範囲外部公開
2006年12月04日(月) 
 川のことを土木工学の分野や行政では 【河川】 と呼んでいます。
河も川もどちらも 「かわ」 で、一般的に河は広いものを、川は細いものを指すようですが、明確な区分はありません。河川法で定められた河川の名称はすべて 「川」 がついていますが、これは川の方が一般的な文字だからでしょう。

 先ず河川の概念から説明しましょう。河川とは、地上に降った雨(雪)や地下から湧き出た水が流れる水路のことで、最終的には日本の場合は海に流れ込みます。また、そうした水が滞留している湖沼も河川の一部として捉えられています。地形的に雨水などが流れ込む範囲のことを

閲覧数2265 カテゴリ連載読物 コメント10 投稿日時2006/12/04 08:45
公開範囲外部公開
2006年12月03日(日) 
地球上には戦争や貧困で、天から授かった命を全うできずに死んでいく子供たちが何と多いことでしょうか。先日、そんな子供たちのために身を粉にして働いている女性ユニセフ職員のことが NHK の 「プロフェッショナル」 という番組で放映されていました。僕はこれを見て涙が出るほど感動しましたが、同時に自分が何もできないことにもどかしさを感じたことでした。僕にできることといえば、以前から時おり送っているユニセフへの寄付くらいのものです。でも、僕にとっては僅かな金額でも、何人かの子供の命が救えるかと思うと、これからもこの行為は続けていきたいと思っていま

閲覧数3420 カテゴリ日記 コメント5 投稿日時2006/12/03 10:57
公開範囲外部公開
2006年12月03日(日) 
 今日は、昔の仕事仲間を中心とした 「史跡巡りハイキングの会」 の例会で、京都の鳥羽・伏見の一帯を歩いてきました。朝のうちは絶好のハイキング日和でしたが、昼ごろから曇ってきて、風も強く、真冬並みの天候になりました。それでも平均年齢が60代後半の面々は元気に歩き続けました。

 最初は臨済宗の巨殺東福寺です。数多い京都のもみじの名所の中でも特に人気の高いところで、朝の9時半というのにかなりの人出でしたが、今年の紅葉は枯れてちりぢりになった葉が多く、もう一つといったところでした。しかし建物には見るべきもの多くて結構楽しめました。今日始めて

閲覧数2956 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2006/12/03 00:47
公開範囲外部公開
2006年12月01日(金) 
朝、いつものようにひょこむを覗いていたら、突然電話のベルが鳴った。(電話はいつも突然かかるものだが)

ケータイを持つようになってから、固定電話にかかってくるのはセールスばかりだ。マンション、お墓、葬儀場、投資、屋根の点検、オール電化等々、どれもうちには用はない。用がないだけにウルサイ。ひどいときは風呂に入っているときにベルが鳴ったので、何事かと濡れた体で出て行ったらセールス、本当に腹が立つ。でもこんなに朝早くセールスの電話がかかってくるはずはない。

出てみると、小学校時代の同級生だった女友達だ。低いアルトの声で 《6日に演奏会

閲覧数2644 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2006/12/01 10:47
公開範囲外部公開
[ 1 2 3 4 ]
■プロフィール
jamjamさん
[一言]
定年退職して19年、しかし40年やってきた土木屋魂は未だに消えませ…
■この日はどんな日
ほかの[ 07月25日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み