■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/index.php?ps=8&pl=&s=&so=&key=33
■最近の書き込み
書き込み数は2,227件です。 [ 1 ... 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ... 223 ]
2017年02月24日(金) 
岩手県遠野市に伝わる民話・説話を口述からまとめた説話集『遠野物語』で有名な、日本民俗学の開拓者・柳田國男(やなぎた くにお)が生まれ育ったのが、福崎町辻川。松岡家の六男の國男は、ふたりの長兄に助けられながら、東京帝国大学に進んで官僚となり、その後「日本人とは何か」の答えを求めて、日本列島各地や当時の日本領の外地を調査旅行し、多くの著作を残しています。

今日は、福崎町の高寄教育長さんや松岡家の末裔である松岡時康さんのお話しを伺いながら、神代の時代から栄えた福崎の地の歴史と文化に触れさせてもらえました。詳しいレポートは後ほど書こうと思

閲覧数115 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2017/02/24 16:46
公開範囲外部公開
2017年02月23日(木) 
今回で伊村達児さんの物語りは最終回です。

いまはブラック企業の代表のように責められていますが、わたしが知る「電通」の社員さんたちは、みんな明るく生き生きと仕事をされる才能豊かな人たちばかりです。

そんな人生を180度以上転換して、ふるさとの沖永良部で農業をするきっかけはなんだったのか。それを決断させ実行させた思いとは。そして伊村農園が大切にしてきた志しに、ぜひ触れてみて下さい。

伊村農園の特別栽培による「インカのめざめ」は、下記のサイトで近日中(2/26から)販売開始(取り寄せは4月上旬)されます。
https://hyocom.jp/shop/items/detail/178

●大震災

閲覧数193 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2017/02/23 16:57
公開範囲外部公開
2017年02月23日(木) 
そうなんです、今年めでたく還暦を迎えるこたつねこ。来年からは晴れて1歳から数え直せます。12月の誕生日には、定番の「赤いちゃんちゃんこ」を着せようという、国家的な陰謀があるという未確認情報がありますが、絶対拒否しますので不埒な悪巧みはやめておいてください。

しかし、どうして還暦に赤いちゃんちゃんこを着るのでしょうか。
赤には魔除けの意味があり、昔は産着に赤色が使われていました。還暦は「生まれ直し」なので、「赤ちゃんに戻る」という意味から、赤色のちゃんちゃんこを贈るという慣習が生まれたようですね。

昔の還暦祝いは長寿の祝いでした

閲覧数98 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2017/02/23 08:41
公開範囲外部公開
2017年02月23日(木) 
伊村達児さんのジャガイモづくりの物語、第二話です。

「ゆいトレ」マガジン2017年2月号 (インカのめざめは3月号に掲載予定)
http://mag.yui-tr.jp/index.html


●幻のいも「インカのめざめ」

ジヤガイモの原産地・アンデスで、晴れのお祭りにしか食べられなかった高級ジャガイモ「ソラナムフレファ」種を日本向けに改良したのが「インカのめざめ」。

栗かさつまいものような風味と、じゃがいもとは思えない鮮やかな黄色、ジャガイモの糖度は一般的に5度程度なのに対して、インカのめざめは6~8度と糖度が高く、甘みと濃厚な味わいが特徴。

しかし、インカのめざめはとても栽培の

閲覧数123 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2017/02/23 06:46
公開範囲外部公開
2017年02月22日(水) 
ファンのみなさま、お待たせしました。
太陽の島・沖永良部島から、今年も共同購入を始めます、特別栽培の「インカのめざめ」。昨年は不作だったのですが、今年は一転「大豊作」の兆候!。非常に品質の良いジャガイモが、たくさん収穫できそうだということです。

辣腕営業マンとして将来を嘱望されながら、今話題の「電通」を辞して、ふるさと沖永良部島に戻って農業に転身した伊村農園の伊村達児さんのパーソナルストーリーを書き上げましたので、3話に分割してご紹介します。伊村さんのジャガイモづくりの志しに共感頂けると幸いです。

『ふるさとの島の赤い土で、究

閲覧数372 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2017/02/22 14:33
公開範囲外部公開
2017年02月22日(水) 
ひょこむのオフ会や仲間内の会合などでは、ときどき披露していたテーブルマジック。いつも友人たちの温かい目に支えられて演技できていましたが、昨日はいよいよ初めての対外ステージ。三線デュオ「宮古マーメード」のアリエス・メイプルに連れられて、姫路市白浜町にあるサービス付き高齢者向け住宅やグループホームを運営されている「ひだまり」さんに出掛けてきました。
http://hidamari-g.co.jp/

この日を目標に、人十杯不器用な自分が、マジックのお稽古をはじめて苦節三ヶ月半。三線演奏の合間の15分を埋めるべく、「黒いレコードの色が変わる」「覚えたカードが一番上に

[地図情報有り]
閲覧数207 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2017/02/22 08:54
公開範囲外部公開
2017年02月21日(火) 
先週月曜日、幻となっていた健康長寿の島・沖縄でも指折りの健康食品を復活させるべく立ち上がった、読谷村の3人のおじいさんたちよる「クーガ芋3Gプロジェクト」から、収穫したばかりのクーガ芋が到着しました。

伊丹の友人たちに手渡しして、どんな料理がいいかいろいろとトライしてもらってましたが、これがなかなかすこぶる好評で、姫路でも食材として、下記の要領でささやかな「ランチ会」を企画することにしています。

このランチ会には、このプロジェクトを発掘して応援している、沖縄県庁地域・離島課の地域づくり応援員のおふたり(山崎さん・根岸さん)が、は

[地図情報有り]
閲覧数179 カテゴリ日記 コメント7 投稿日時2017/02/21 10:48
公開範囲外部公開
2017年02月21日(火) 
「三線演奏の合間に、何かできない?!」
パートナーであるメイプルさんのこの一言で、わたしの人生は変わりました(笑)。
特別養護老人ホームに出向いて、1時間の三線演奏で入所者のご老人たちを慰問するアリエス・メイプルのマーメードたち。間つなぎ程度といいながら、口以外に何も得意な技のない人間がそのまま務まるはずはありません。

「何か芸を身につけなくては!」
愛犬のあいちゃんでも、お手やお代わりの上に、ハイタッチができます。それもわずか数週間でマスターしました。還暦の手習いでも、何かできるはずと、ダメモトで以前から興味のあった「手品教室」

閲覧数165 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2017/02/21 09:57
公開範囲外部公開
2017年02月18日(土) 
おかあさんが、三線のお稽古で留守だったので、ワッキーとふたりで伊丹中央サンロード商店街の魚屋さんで買ってきていた「マグロの赤身」をヅケにしておいたものに、クーガ芋のとろろをかけて山かけ丼にしました。

以前の「とろろごはん」の時もそうでしたが、クーガ芋の「とろろ」はあっさりしてて美味しいんだけど、自然薯のパンチ力がありません。それと、食後にコナモン感が残るので、爽快さに欠けるんです。

加水が足らないのだろうと、大目に水を加えましたが、結果はあまり変化ないみたい。ネットで検索すると、同じように感じている人がいました。おろして生食と

閲覧数104 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2017/02/18 17:16
公開範囲外部公開
2017年02月18日(土) 
先月、父がめでたく81歳の誕生日を迎えました。
70歳を越えてから、めっきりお爺さんになって、体力も随分と弱ってきましたが、夫婦と妹の3人でごく近所にいてくれるので、他所様よりずっと恵まれた環境だと感謝しています。

さて、友人が「笑点でやってた『18歳と81歳の違い』が昇天するほど面白い♪」と教えてくれたので、ページをみてみるとこの比較がメチャクチャ楽しかったので、お裾分けしたくてアップします。
「笑点」、最高ですね!!

心がもろいのが18歳、
骨がもろいのが81歳。

偏差値が気になるのが18歳、
血糖値が気になるのが81歳。

恋に溺れるのが18歳、

閲覧数835 カテゴリ日記 コメント7 投稿日時2017/02/18 08:29
公開範囲外部公開
[ 1 ... 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ... 223 ]
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい♪
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み